岡寺=龍蓋寺

7月8日(金)、飛鳥大仏からかめバスに乗って、岡寺三重塔
岡戎前へ移動。地図を見て、徒歩10分程度……
と予想していたのですが、見通しが甘かったです。
飛鳥寺」のついでに、と軽い気持ちで向かった
岡寺」は、西国三十三観音の第7番札所。
緩やかな舗装道が続きますが、途中が至って
普通の住宅街なので、ルートが間違ってないか?
不安になってきます。しかも、「岡本寺」と
紛らわしい名前の寺も目に入ってきて、混惑。
岡の端に岡寺の三重塔が見え、安堵しましたが。
仁王門を潜ると、手水舎で汗が引くのをしばし待ち。
この日は台風1号が迫ってきていたこともあり、
余計に、蒸し蒸ししていたものと思われます。

岡寺奥之院石窟 岡寺の正式名称は「龍蓋寺」。天智天皇2年(663)、
 開祖となる義淵僧正が悪龍を法力で池に封じ込めた
 ことから命名されたそうです。
 境内では、その「龍蓋池」という小さな池を見ることも
 出来ます。龍蓋池の斜め前に本堂が建ち、
 本尊が如意輪観音坐像となる訳です。
 個人的に、蠱惑的な如意輪観音はタイプですが、
 岡寺の如意輪観音像は一風変わっているようで、
 朴訥というか、大様というか、大陸風な印象。
 日本最大の塑像(像高4.6m)という位置付けです。
 ……岡寺参詣の目的を果たした後は、
 奥之院へ上り、「瑠璃井」の冷たい水に触れたり、
 奥之院石窟(=画像左)の弥勒菩薩像を覗いたり。
ルートを把握できたからか、バス停への帰路はそれほど遠くも感じませんでした。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 仏像

コメントの投稿

Secret

飛鳥の里

今回の飛鳥行きでは、飛鳥寺と岡寺を回っただけでしたが。
1週間とは言いませんが、せめて丸2~3日はないと、飛鳥の里は厳しいです。
カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示