上海食苑 喜洋洋

7月12日(火)、久しぶりに「上海食苑」を利用。
ジャスミン枝豆&小籠包上海サラダ&海鮮おこげ

昔は足繁く通っていたものですが、このところ、
忙しくて、なかなか足を運べなかったのです。
暑さが酷くなるにつれ、食欲も落ちているようで、
それでも、美味しい物を、ちょこっとずつ、
口にしたいなあとは感じていて、そう言えば、
「上海食苑」の小籠包を長いこと、食べていない
と、思い出した次第なのです。
       ☆
蓮根の甘漬け&馬鈴薯・青唐辛子塩炒め焼豚
キャベツの中華風甘漬け揚げ牛肉とセロリの黒胡椒風味
 複数存在する「上海食苑」の出発は、
 大阪の天満市場の北側の1軒。
 その後、本家/元祖争いのような
 紆余曲折を経て、現在の「上海食苑」
 グループが形成された模様です。
 内情に関係なく、ぼくはどの店も
 満遍なく利用させてもらっていますが。
 (商店街内でなく)天神橋筋に面した
 「上海食苑 喜洋洋」に今回は入店。
        ☆
 「上海食苑」は上海料理、中国料理
 というイメージより、“点心”のお店。
本格的な上海点心の数々に心躍り、目移りがして、オーダーを重ねてしまいます。
メインはやはり、皮に歯を入れた瞬間、じゅわっと肉汁の炸裂する小籠包ですが、
馬鈴薯・青唐辛子の塩炒めキャベツの甘酢漬けも個人的に大好きです。
特に、ジャガイモのシャキシャキした食感が驚愕の塩炒めは、何度食べても感嘆!
その他、上海サラダ、ジャスミン枝豆、焼豚、水餃子、青椒肉絲、海鮮おこげ、
季節限定メニューとして、揚げ牛肉とセロリの黒胡椒風味……etc.
デザートに杏仁豆腐を頂き、「食欲無いのは誰?」状態になってしまったのです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

tag : 呑む 大豆

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示