地獄の5丁目

その昔、大阪・西梅田に「産経新聞」大阪本社が在った頃、
01_地獄激辛麻婆豆腐
02_地獄激辛麻婆豆腐

焼賣太樓」桜橋店をよく使わせてもらっていました。
現在でも、ホワイティうめだ店はたまに利用するのですが、
7月17日(日)、生ビールでも呑もうかと地上を徘徊した際、
ふらりと、「焼賣太樓桜橋店に飛び込んでいたのです。
“とりあえずセット”は、ビールに餃子、名物の焼売
付いてくるので、最初に注文しておいて、損は無し。
この夜、ぼくの目に留まったのが「地獄激辛 麻婆豆腐」。
地獄の1丁目から5丁目まで、辛さをチョイス可能です。
大河店長のお薦めとあります。大阪で最も辛いカレー
1、2位と想定しているお店が2軒ほどあるのですが、正直、
ぼくの舌はマンネリズムを感じてきており、麻婆豆腐ならば
なおのこと、大したことはないだろうと高を括って、“地獄の5丁目”をオーダー。
……まさか、麻婆豆腐の方がカレーよりも辛いなんて! 己の不明を恥じました。
おそらく、カレーに使われるスパイスには馴染んでおり、抵抗力が付いているのです。
が、麻婆豆腐の目くるめく“”、“”を構成するスパイスの波状攻撃に、撃沈。
頭皮から顔、胸、背中にかけて汗が噴き出し、気が遠くなり、記憶すら飛びそうです。
胃の辺りにも、体重を乗せたパンチを思い切り食らったような感触が……
何なんだ、これは!と、こぼれ落ちる汗を拭き取りつつ、完食しましたけれど。
杏仁シャーベットをお代わりして、口中を冷やしながらの完食でしたけれど。
往年の「辛口料理ハチ」を懐かしんでいるような方々には、是非ともお薦めです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

tag : 呑む 豆腐

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示