パクチー三昧

7月19日、大阪市中央区の「GoGoパクチー」に行きました。
パクチー・ビール
パクチー炒飯
パクチー酸辣湯麺

店名の示すとおり、パクチー料理専門店で、
パクチー好きには堪りません。別名、「中国パセリ」。
相方も、ぼくも香菜シャンツァイ)好きですし。
さらに、火曜日のみのランチ・タイムと聞いて、
うだるような夏日の昼下がり、同店を訪ね歩いた訳です。
通りをひとつ間違えたせいで、ラスト・オーダー14時に
危うく間に合わなくなりかけましたが、結果はセーフ。
涼やかなグリーンの内装の店内で、お昼を頂きました。
汗だくになりつつあったので、ひとまず、ビール! 
もちろん、パクチー・ビールを注文します。
“スイカに塩”効果なのか? 緑色のスムージーに
見えなくもないビールが、パクチーのお陰で甘いです。
相方はパクチー炒飯、ぼくはパクチー酸辣湯麺を賞味。
澄んだスープのすっきりした酸辣湯をイメージしていたので、
ちょい濃いめのスープに、もっちゃりした麺の酸辣湯麺は、
ぼくの選択ミスのようです。パクチー麻婆豆腐にすれば、と
後から悔やんだのですが、その時はまだ「地獄の5丁目」の
記憶が鮮明だったので。相方に分けてもらったパクチー炒飯は最高でした。
刻んだパクチーが別な容器で供されていたので、それも追加でトッピング。
ランチ・メニューに味を占めたので、次はディナーでパクチーを堪能したいところです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

tag : 呑む

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示