MR. DYNAMITE

 7月29日(金)、「シネマート心斎橋」に赴き、
 映画鑑賞。アレックス・ギブニー監督の
 ドキュメンタリー、『ミスター・ダイナマイト
  ファンクの帝王ジェームス・ブラウン』

 (2014)です。ミック・ジャガーのプロデュース
 ということもあって、ミック本人の思い出話も
 挟み込まれますが、正直、どうでもいいです。
同じく彼が製作に関わっていた テイト・テイラー監督『ジェームス・ブラウン 
最高の魂を持つ男』
(2015)と混同してしまったという腹立ちもありましたが……。

ファンカティアーのぼくとしては、全盛期の貴重なライヴ映像の数々に触れるだけで
腰が疼きますし。JBの権利関係を管理するジェームス・ブラウン・エステート
所蔵の資料から、貴重な映像が引用されています。俗な言い方ですが、“光と影”。
JBの音楽的な凋落は、政治的な日和見主義と軌を一にしていたことは、
日本ではあまり表立って語られてこなかったような気がします。
貧乏人からの叩き上げですから、現実主義。なのに、情勢を見誤ってしまったのか? 
もちろん、作品自体とアーティストの政治的立ち位置は切り分けてあげるべきで、
ファンク草創期から HipHop世代による再評価に至る谷間の時期、
(JBやスライはファンクの発火点に立っていながら、微妙にフェイド・アウトした印象)
1970年代のJBのアルバムでも、サントラ盤などは、ぼくの大好物ですけれど。

作中、いくつもの胸を衝かれるエピソードがありますが、2つだけ、挙げておきます。
JBは「ショービジネス」という表現を好んでいなかったという事実。
「ショービジネスではない。ショーとビジネスなんだ」と常々言っていたそうです。
政治への接近もそうですが、レストラン業などに首を突っ込まず、
ショー(=音楽関連)だけに活動を絞り込んでくれればよかったのに、と嘆息。
また、ザ・ルーツのクエストラヴも半笑いしながら語っていたことですが、
JBのシングル曲で「ファンキー・ドラマー」がいちばん売れなかった、と。
ヒップホップ畑の最強サンプリング・ネタとなるドラム・ブレイクを含むあの曲が!
もっとも、当のドラムを叩いたクライド・スタブルフィールド本人も、
やっつけ仕事だった「ファンキー・ドラマー」には良い印象が無いようで、歴史の皮肉。

今回観た映画の原題は、『MR. DYNAMITE : The Rise of James Brown』
『ジェームス・ブラウン 最高の魂を持つ男』は、『GET ON UP』
後者の邦題(サブタイトル)、「最高の魂を持つ男」は、テキトー感が半端無いですね。
ありがちな映画タイトル「最高の~」+「~を持つ男」に、添え物の「(ソウル)」……。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ブラックミュージック
ジャンル : 音楽

tag : 黒い音 映画

コメントの投稿

Secret

衣鉢

JBに影響を受けた代表格としてマイケルと殿下の映像も流れました……。
カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示