山川方夫ノオト

山川方夫を読んでいて、いくつか気付いたこと、気になること。

山川方夫は、ニーチェ読みではないのか? 
 ぼく自身が哲学科出身で、卒論でもニーチェを専攻したニーチェ読みのせい? 
 彼の文章の端々に、ニーチェのテクストから生の抽出めいたものを感じるのです。

ねえきみ。きみも当然そうだろうが、おれは先験的に、自分が――いや、すべての人間が、実はひとつの禁止さるべきなにかであるという確信がある。人間は、本来的に、一つの過剰な自由、無制限な、危険な一つの自由じゃないんだろうか。“社会”がそういう存在にあたえる言葉でいえば、もともとすべての人間は“狂人”であり、“異常者”であり、さまざまな禁止の柵でかろうじて制止されている奔馬か 野牛みたいな“怪物”じゃないだろうか?
(『トコという男』デパートにて)

ハードボイルドに対する一見識。
 ハードボイルドには“非情”という枕詞が付く一方、感傷的と貶す一派もある訳です。
 始祖のダシール・ハメットにそんな評言は的外れもよいところなのですが、
 羽目を外したレイモンド・チャンドラーロバート・B・パーカーになると、流石に。
 ハードボイルドもまた、“短歌的抒情”を克服すべきジャンルなのかもしれません。

おれには日本人にいちばんピッタリしてるのは、いわゆるハードボイルドという名の感傷小説だと思うよ。だって、あれはみんな、他人が自分ではないってことの恨みつらみだもの……」(『同』ヘンな日本人)

・山川方夫が生前、海外で評価されていた時代――。
 ショートショートの名手として扱われていたらしい。
 (スタンリイ・エリンロアルド・ダールらのように)
 “奇妙な味”系の作家として括られていたのか? 
 ということは、「ヒッチコック・マガジン」に連載されたショートショート、
 連作集のタイトルが『親しい友人たち』と名付けられたのは、
 ダール『あなたに似た人』(原題:Someone Like You)へのオマージュか?

参考文献:山川方夫『親しい友人たち』(創元推理文庫)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

tag : 小説

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示