京都文化博物館

京都文化博物館 現在、「ダリ版画展」の開催されている
 「京都文化博物館別館は重要文化財、
 「旧日本銀行京都支店」なのです。
 “日本銀行”と言えば……あるいは、
 赤煉瓦白い花崗岩のストライプ模様から
 連想されるとおり、“明治の建築界の王”、
 辰野金吾と彼の弟子、長野宇平治
 設計したものです。大阪人のぼくとしては、
 日本銀行大阪支店中之島公会堂を通し、
 愛着を覚えている建築家となります。
小林秀雄、三好達治らを教え子とする仏文学者、辰野隆(1888~1964)が
辰野金吾の息子だったとは、つい最近、知ったところ。近代建築と近代文学……か。

この別館となる建物は、明治36年(1903)9月に着工、同39年(1906)6月に竣工。
明治27年(1894)4月に別の土地に開設されていた「日本銀行京都出張所」が、
現在地に1906年7月、新築移転という形で、名称も「京都支店」に昇格しました。
日本銀行としては昭和40年(1965)10月、河原町通二条に移転。
昭和42年(1967)4月から、建物は財団法人古代学協会の所有となり、
1968年5月から「平安博物館」として開館。1969年3月に国の重要文化財に指定。
昭和61年(1986)4月、京都府に寄贈されると、修理・復元後、
1988年10月に「京都文化博物館」別館として公開されています。
“辰野式建築”の目印ともなる白い石の帯、花崗岩(=御影石)は、
京都府亀岡市の小金岐産、岡山県笠岡市の北木島(きたぎしま)産などです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 近代建築

コメントの投稿

Secret

辰野隆

辰野隆は「たつの・ゆたか」と読みます。
カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示