お笑い怪談噺の夕べ vol.10

お笑い怪談噺の夕べ 8月12日(金)、「天満天神繁昌亭」へお出掛け。
 先月下旬にも初日を楽しんだ「お笑い怪談噺の夕べ
 vol.10
」の中日(全5日の日程の3日目)となります。
 出演者とその順番も同じで、演目だけが異なります。
 中央列の左端の席で、ゆったりとした気分で聴きました。
 笑福亭たま陰陽師」で始まりましたが、
 女性客のリクエストに応え、枕代わりにショート落語
 ショート落語目当てで、たまさんの独演会に行くくらい
 ぼくも好きですし、ビギナーにも取っ付きやすいです。
 林家染雀腕喰い」は、ホラーな展開をものともせず、
 どこか底が抜けている若旦那のキャラが愛おしくて……。
 桂米左の「五光」は今回もレア・ネタ。珍品というだけで
 受けない噺だと、ぼやきながらも、米朝師匠亡き後、
「五光」を演じるのは自分だけだと言う米左さんに、落語への“愛”を感じさせられます。
仲入りを経ての講談は、旭堂南鱗応挙と幽霊の花魁」。
講談で語られている円山応挙が、落語によく出てくる絵師と大して変わらないようで、
長崎に遊びに行った京都の絵師なら誰でもよくない? 人物造形が気になりました。
それとも当時、長崎まで物見遊山に行ける京都の絵師は数えるほどしかいない? 
“幽霊画”と言えば、応挙ではあるんでしょうが。ぼくは身勝手に、
(応挙の描く)幽霊は足が無い ⇒ あし(=お金)が無いで落とすのか、と妄想。
トリが笑福亭福笑「幽霊狂詩曲」となり、やはり、福笑さん自身の創作落語。
大盛り上がりの中、例の“幽霊”が登場し、蒟蒻で客席を沸かしていました。
お盆休みに入っていたせいか、遠方からの来場者、落語初心者が多くて、
それが興行的に良い方向に作用しているなあ、と陶然とした心持ちでした。
終演後、“幽霊”(=染雀さん)との記念撮影は盛況につき、順番待ちとなり、
並んでいる時間が無かったので、遠巻きに眺めて、名残惜しく会場を去りました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

tag : 落語 こんにゃく

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示