編集猶予

8月21日(日)、中之島公会堂(=大阪市中央公会堂)で、同人の月例合評会。
2編の短編小説の合評を行いました。
なまじっか、巧く書ける手練(てだれ)になってくると、
何であれ、“文学的”な描写を施してしまいがちになるのが曲者です。
それが、あまりにも文学的であると感じてしまう時は、
既に手垢のついた旧い意匠に囚われてしまっているのではないか?
と一度、疑ってみることを推奨します。わざと調子を下げるというのも、テクニック。
常に一本調子の名文・美文しか作れないとあれば、新しい小説は書けないでしょう。

今後の活動予定については、月例合評会の日程調整、提出者のすり合わせ等。
打ち合わせのメインとしては、「第4回 文学フリマ大阪」の段取りです。
9月18日(日)、堺市産業振興センターにて開催されます。
ぼくらの同人は、第2回、第3回と連続参加しており、第4回も出店を決めました。
ただ今回は、同人誌の新刊発行と時期がずれるために、バックナンバーを販売。
次号発行は、2017年1月22日 開催予定の「第1回 文学フリマ京都」に照準を。
本格的な編集作業を再開するに当たり、晩秋までの猶予期間を貰えたのか? 
いえいえ、堺市での「文学フリマ大阪」でも ちょっとした小冊子を作りたいのです。
でも、短歌でも、落語の台本でも、弾丸はなんぼでも用意できるのですから。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

tag : 同人

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示