蘇我入鹿首塚

蘇我入鹿首塚 以前、7月8日に「飛鳥寺」を訪れたことを記した際、
 「蘇我入鹿首塚」についても触れたかと思いますが、
 あくまで伝承であって、 645年の「乙巳(いっし)の変」、
 いわゆる「大化の改新」で惨殺された蘇我入鹿
 首が飛んできただの、トンデモ説はいくつでもあります。
 飛鳥寺(安居院)の西門から100mほどの位置に在る
 五輪塔で、高さ149cmの花崗岩製となりますが、
 岡本精一『飛鳥寺と聖徳太子』を繙いてみますと――。

 「飛鳥寺の西にある五輪塔は、入鹿の首塚と普通
 いわれているが、『元亨釈書』には恵聡の供養塔と
 述べている。五八八年、令昭と共に戒師として
 来日した恵聡とは別人である、といわれている。
村の古老の話によると、明治時代の中ごろまで五輪塔が二つあった。それは
入鹿と恵聡の供養塔だといわれている
」……失われた塔の行方が気になります。

参考文献:岡本精一『飛鳥寺と聖徳太子』(飛鳥寺)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 史跡

コメントの投稿

Secret

画像コメント

画像の首塚の右奥に見えるのが「飛鳥寺」でつ。
カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示