グリル「アイ」

「アイ」オムライス 大阪・中津駅(地下鉄・御堂筋線)から東へ
 5分ばかり歩くと、グリル「アイ」が見えます。
 建物の縦看板には“グリル”とありますが、
 店頭に置かれた看板には“御食事処”。
 どっちやねん?と問い詰めたくもなりますが、
 使い勝手の良い定食屋のようでした。
 日中、店先に群がるリーマンの姿に引かれて、
 ふらふらと入ったランチ・タイムですもの。
 地元民に愛されるのは、間違いなく良いお店。

定食を頼むほど、小腹は空いていなかったので、御食事処「アイ」
相方と二人で、オムライス(単品?)を注文しました。
街の洋食屋さんにありがちな、カウンター席とその前に
小テーブル席……カウンター向こうの厨房では、
2人の料理人(コックさん?)と1~2人の仲居さんの
姿も認められます。カウンターの端に目を遣ると、
小上がりになった板の間が在り、さらに奥は
それなりのスペースで 畳の座敷が広がっています。
夜は10~45人での宴会も承っており、貸し切り可。
丁寧な仕事ぶりのオムライスからもわかるように、
しっかりした味の洋食が堪能でき、居酒屋対応も可能
とあれば、昼も夜も、極めて優良店ではありませんか!

最初、何やらスナック臭いなあ、と感じさせられた店名も
こうして見ると、融通無碍な同店のスタンスを表しているようで、頼もしい限りです。

その後、さっくりと「二人の読書会」を開きました。
第8回のテクストはチャールズ・ブコウスキー『町でいちばんの美女』でしたが、
準備不足な面もあり、「ファックマシーン」について触れる程度に留めています。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

tag : 呑む 小説

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示