酒房「半田屋」

このところ、「大阪市立美術館」や「あべのハルカス」など、天王寺に出掛けると、
必ずと言ってよいほど、「森田屋」をお邪魔していたのですが、
先日も「デトロイト美術館展」に行った帰り、立ち寄ろうかと
暖簾の隙間から覗いてみると、いつもと同じように満席状態。平日の昼間なのですが。
席を詰めてもらって押し入るのも恐縮ですし、たまには別の店を開拓しようか、と
新世界へ向かいました。火曜日は定休日の店が多いのか、微妙に閑散とした風景。
しかし、新世界が老若男女(若者&女性に力点)、外国人向けの観光地化した頃より
顕著なのですが、どこもかしこも串カツ屋ばっかり……ぼくの愛する「昭和」な喫茶店や
ホルモン屋は数えるほどで、きらびやかにデコった串カツ屋の店頭で茶髪の客引き。
違うんだよ! 新世界はもっとくすぶっているというか、陰があるというかさ、
荒んでいるというか、どこかしら殺気が感じられないと駄目なんだよお!などと
無茶なことを思いつつ、そもそも、油っぽい食事など取りたくない気分なのでした。
シンプルに呑みたい。普通の居酒屋でよいのです。以前から目をつけていた呑み屋が
あったはずだがなあ、と徘徊していると、幸いにも、その酒房「半田屋」新世界店が
開業していたのであります。雨が降りそうな空模様もあってか、カウンターはがら空き。
普段はぎゅうぎゅうすし詰め状態だったと記憶していますが、願ったりかなったり。
まずは瓶ビールで喉を潤し、壁にびっしりと貼られたお品書きを拾い読みつつの注文。
すぐに出てくる冷や奴、きんぴらを摘まみながら、冷酒に切り替え、野菜の天ぷらや
海鮮チゲをオーダーしました。あっさりした魚介類の一品から、がっつり食べたい
向きには肉系、揚げ物、鍋など、充実したラインアップです。さすが、創業86年
空いていたお陰で、勤続ン十年という大将に、絶品の山芋ステーキなめろう
美味さの秘密を ちょろっとだけ教えていただいたり……山芋は輪切りでなく、
すりおろした物を焼くタイプで、だしに工夫を凝らしてあるとのこと。なめろうには
カンパチを使用してあり、白味噌が良い感じでした。白葱と車海老のかき揚げも
試してみたかったところ、昼日中から呑み始めたためか、ほぼ満腹状態に近く、
梅酒のシャーベットをデザート代わりに頂いて、初会は終了としたのでありました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

tag : 呑む 豆腐

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示