第4回 文学フリマ大阪(再掲含む)

9月18日(日)、堺市産業振興センター(=じばしん)・イベントホールで
開催された「第4回 文学フリマ大阪」に参加してきましたよ。
ぼくらの同人は第2回から数えて、連続3回目の参戦となります。
今回は、ぼくらの同人誌新刊の発行のタイミングとずれていましたから、
バックナンバーの販売と、おまけ『硫化フッ素水』の配布を行いました。
ぼくらの同人の母体(?)となる“文学学校”は多数の同人を輩出していて、
見知らぬ新規読者層の開拓よりも、その同人間での交歓会のような
ムードに陥ってしまうのが、何とも歯痒いのですけれど、致し方ないかな。
人付き合い、世間付き合いなど、どうでもよくて、ぼくは“本”自体が好き
なので、会場内を駆けずり回って、目を惹く、読んでみたいと手に取った
種々雑多な同人誌や書籍を買い漁っていたのでした。わはははは。
いつもぼくの追っかけている素天堂さん(=小栗虫太郎マニア)が
出店していなかったのは残念でしたが……今年の戦利品は、以下のとおり。
       ☆
南森町三郎『英雄と誤植』(パレオパラドキシア)
朝松健『球面三角』(アトリエサード)
『トーキングヘッズ叢書(TH Series)No.67』(アトリエサード)
『「1000人の金田一耕助」に行ってきました DEEP
  ~巡・金田一耕助の径』(神保町横溝倶楽部)
『あっぱれ! vol.01』(あっぱれ!)
『花ぎれ 第75号 笑本』(大阪編集教室)
木下昌輝『天下一の軽口男』(幻冬舎)

さて、「文学フリマ」の“出店ブース”とは「Goryo」じばしん店
名ばかりで、長机にパイプ椅子があるのみ。
1コマで長机半分かな? 椅子も1脚のみ。
椅子は最低もう1脚追加したいところですし、
大所帯の同人など、大変なことになります。
会場内には休憩スペースも設けられておらず、
販売担当でなければ、ぼーっと突っ立って
いるのも、間抜けなものだし、ブースを見て
回り続けるのにも限界があるし……で、ぼくは
ホール隣の「Goryo」じばしん店に入ると、
チョコレート・パフェを摘まみ、ビールを呑みながら、朝松健を読んでいたのでした。
       ☆
ちなみに、昨年(第3回)の戦利品は以下のとおりです。

2015年09月22日の日記より ⇒ 「文学フリマ」の戦利品

『黒死館逍遥 別館 まぼろしたてもの考Ⅱ』(素天堂文庫)
『黒死館学園 入試問題集2015』(素天堂)
『うく椅子【第5号】死体篇』
『MIDGARD2』⇒工場の夜景ミニ写真集
『団地ブック 第0号』
『団地ブック 第1号』
『鉄道短歌アンソロジー』
『嘉村礒多選集 私小説の極北的な』
『嘉村礒多選集 私小説の極北的な 弐』
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

tag : 小説 同人 呑む

コメントの投稿

Secret

遠い……。

しかし、相変わらず、堺は遠かったなぁ……。
カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示