SINASOS

世界三大料理”といえば、フランス料理中華料理トルコ料理であります。
9月18日、「文学フリマ大阪」の会場を17時に抜け出すと、大阪市内に引き揚げ。
梅田の何かと猥雑な堂山町に位置するトルコ料理店「SINASOS」を訪ねたのです。
風俗店の呼び込みの兄ちゃん、姉ちゃんらの陰に隠された狭い階段を見つけて、
2階に上がれば、小テーブルが4つとカウンターだけのちんまりとした親密な空間。
前菜の盛り合わせを頼むと、一つひとつ、店員(兼料理人?)が説明してくれます。
アジルエズメはトマト・ベースのディップ、フムスはヒヨコマメ……その他、
異国情緒たっぷりの前菜が彩りよく盛られて、焼きたてのパンが付いてきました。
その中が空洞のパンは香ばしく、表面にたっぷりの胡麻がまぶされているのです。
蒸留酒のラクを飲ります。無色透明のスピリッツが、水で割れば白濁する模様。
チーズ・ピザを摘まむ頃には、アナトリア・ワイン「チャンカヤ」のボトルに替えて。
シェフのケバブは、ラム肉の下から出てくるポテト・ピューレが美味過ぎました。
ふと目に入ったトルコ料理(店)はどんな物かしら?と、駆け足で摘まんだため、
デザートも省略した格好になりましたが、日を改め、コース料理を試してみたいです。
あちこちのグルメ・サイトで調べていましたらば、3階に完全個室もあるようですし。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

tag : 呑む

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示