大阪活版所跡

大阪活版所跡 船場地区活性化事業、古典芸能×近代建築を愉しむ
 「船場を遊ぼう」に、9月27日(火)も参加したのです。
 大阪の恩人五代友厚ゆかりの地を巡りながら、
 クイズ・ラリーを行います。前回(9月16日)は独り、
 今回は相方を交えて二人で、堺筋本町から出発。
 好天に恵まれた半面、随分と蒸し暑くもなりました。
 当日 回ったチェック・ポイント、その他の近代建築
 あるいは“”に関しては、以下のとおりです。
        ☆
 大阪企業家ミュージアム(大阪産業創造館)~
 本町橋~本町橋船着場~シティプラザ大阪~
 大阪商工会議所~山本能楽堂~
大阪活版所跡~大手橋~岸本瓦町邸~大阪中央区役所
       ☆
大阪活版所跡(上掲画像)は、大阪市中央区大手通2丁目4に在ります。
明治3年(1870)、五代友厚の懇望を受け、本木昌造が設計創設した活版所の跡地。
本木は幕末時代、長崎のオランダ通詞(通訳)を務めていましたが、
木版印刷の行く末を危ぶみ、洋書から得た知識を積み重ねた成果として、
わが国最初の活字の鋳造に成功(1851)。活版印刷の先駆者といわれます。
橋マニアには、明治3年(1870)に架け替えられた大阪初の鉄橋「高麗橋」、
通称「くろがね橋」の設計者としても知られていますよ。

※現在の高麗橋(鉄筋コンクリート製)は、昭和4年(1929)に架け替えられたもの。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 近代建築

コメントの投稿

Secret

無回答

大阪商工会議所では、五代友厚像を見上げるだけで
クイズをチェックするのを失念してしまいました。
幸いにも初級編なので問題を見ずとも、答えは予想できるのですがw
カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示