Your Girlfriend

「第9回 二人の読書会」では、吉本ばななハチ公の最後の恋人』(中公文庫)を
テクストに取り上げていますが、前回辺りから準備が整っていないことが多く、
芳しからぬ状況です。どうしたものやらと、思いあぐねる昨今……。
それはともかく、作中、語り手との別れを前に落ち込むハチが何回も何回も
聴き込んでいる曲が「If I Was Your Girlfriend」で、殿下の名曲なのでした。
JASRAC に対してどうのこうのという問題は、正直、どうでもよいのですが、
殿下の作品であることは、きちんと明記しておかなければならないよねえ
………出版人として、作家として、表現者として。
単行本で読んだ時にも記載は無かったと記憶しますが、文庫本にも無いです。
そのせいではないと思いますが、訳詞も今ひとつのような気がしてなりません。
ハチ本人は、ちゃんと殿下の歌詞を理解できているような気もするのですが、
(脳内で)訳したと思われる語り手の“私”に対して、ちょっと違うんじゃない?と。
女々しさ、いじらしさ、うらさみしさが圧倒的に欠落しているように感じます。
       ☆
If I was your girlfriend
Would you let me dress you
I mean, help you pick out your clothes
Before we go out
Not that you're helpless
But sometimes, sometimes
Those are the things that bein' in love's about

If I was your one and only friend
Would you run to me if somebody hurt you
Even if that somebody was me?
Sometimes I trip on how happy we could be
Please

Would you let me wash your hair
Could I make you breakfast sometime
Or then, could we just hang out, I mean
Could we go to a movie and cry together
Cuz to me baby that would be so fine

       ☆
僕が君の女友達なら服を着せてあげてもいいの」なんて、フラット過ぎます。
そこは「ぼくが女友達ならば君に服を着せてあげてもいいかな」と、
相手の意向を伺いつつも、じりじりと自分のしたい方向に持っていこうとする
涙ぐましい手練手管、変態チックな愛情表現が欲しいと思うのですね。
ただ、その線で押し進めるとハチ濃度が上がり過ぎて、“私”の世界観が崩れかねず、
小説の構造を保持するため、作者は敢えて平板な訳詞を選択したのかもしれません。
真の主人公は表題どおり、ハチ公ではなく、彼の最後の恋人となる“私”なのですから。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

tag : 小説 読書会 黒い音

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示