夢二郷土美術館

10月14日(金)、ぼくは岡山市にいました。夢二郷土美術館
当初、倉敷市内の某寺を訪う予定でしたが、
山間部までの“足”を調達できなかったことと、
「岡山・倉敷ぐるりんパス」を利用することから。
岡山電気軌道に乗って、城下で下車。
向かった先は「夢二郷土美術館」。
竹久夢二(1884~1934)こと、本名・
茂次郎は、 岡山県邑久郡本庄村の生まれ。
訪ねた時期は、同館の創設50周年記念で、
幻の夢二の油彩画西海岸の裸婦》初公開。
夢二式美人”、“大正の浮世絵師”といったイメージから、
夢二に対して日本画のイメージが強く持たれているかと思われますが、
商業美術として成功した作品がそうであったためで、
夢二自身は日本画にこだわらず、様々な表現技法を模索していたようです。
亡くなる3年前の昭和6年(1931)6月から翌年9月まで滞米。
その間に、裸婦かつ欧米人を描いていたことに希少価値がある模様。
赤毛に近い金髪に、白皙の肌です……顔や肢体はやはり夢二式でした。

年譜などを見るにつけ、夢二はぼくに「お葉」を思い出させ、
当然の如く、伊藤晴雨のことまで想起させるのでした。
お葉(=兼代)は画家のモデルを務めており、
夢二の人気作「黒船屋」で、黒猫を抱いていた女
と言えば、大抵の人がイメージを結ぶのではないかしら。
夢二のモデルになるまでは、藤島武二や伊藤晴雨の
モデルも務めていたことで知られています。
藤島はともかく、「責め絵師」として名を馳せた伊藤晴雨
という存在が、その筋(?)の人にとっては格好のネタで、
中でも、団鬼六異形の宴』は、しっかりと読ませてくれます。
アンダーグラウンドな画工としてしか生きられない晴雨が、
世を謳歌する煌びやかな夢二に対して鬱屈を抱き、
さらには自身の愛でるモデルまでも奪われてしまうという
悲惨な様が、被虐心をそそります。おそらくは同作を基にした
演劇を十数年前だか、ミナミで観たような記憶もありますが。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 美術 小説

コメントの投稿

Secret

お葉の母

お葉と母は困窮して、上京。
最初、お葉は人形工場勤務、母は納豆売り。
当然、生計は立ち行かず、お葉はモデル事務所入り。
カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示