倉敷の昼と夜

喜久味 再び、倉敷の思い出話をばさせていただきますと……
 当日(10月13日)、JR倉敷駅に到着したのが、
 ちょうど、お昼の時分時でして、倉敷市美観地区
 入ってから食事を取るという選択肢もあったのですが、
 駅から車道を渡ってすぐのアーケード街を徘徊。
 この通称「えびす通り」は「倉敷えびす通商店街」が
 正式名称のようで、対して、美観地区の方は
 「倉敷本通り商店街」となる模様。えびす通りの界隈、
 昭和42年まで旧町名が「戎町」だったということで、
 アーケード内のあちらこちらに、ゆるキャラ化された
 えべっさん像も祀られていました。
 いかにも倉敷といった佇まいの美観地区と比べ、
えびす通りはどこにでもある地方都市の商店街といった風情。
平日の昼時とあって、(美観地区と異なり)観光客もまばらで、よそ者気分です。
じゃぶじゃぶ洗われている店先の水槽に、が生かされているのを目にしながら、
暖簾をくぐってみたのが「喜久味」。定食が供されているランチ・タイムでしたが、
一品料理も注文可能といわれ、鰻の骨焼きなどをアテに昼酒としてしまいました。
何故に倉敷で、鹿児島直送の鰻を摘まみ、沖縄県産の泡盛を呑んでいたのか? 

ともかく、そんな次第で、「大原美術館」へ赴いた時は萬年雪_荒走り
かなり、ご機嫌な状態になっていたかもしれません。
倉敷川沿いに映える白壁の町を駆け足で回った具合。
日も暮れて、時刻表どおりにやって来ない下電バスを
倉敷市芸文館」前で待ち続けたのも、思い出の一つ。
ひとまず チェック・インだけ済ませて、向かった居酒屋が
ポン太」……“星のソムリエ”講座を受けていた時期、
毎回のように通い、店主の長瀬さんやお手伝いに来る
別店のママさんには 非常にお世話になっていたので、
喜八洲総本舗」のきんつばを大阪土産に挨拶がてら。
海の幸・山の幸に恵まれた岡山の呑み屋ですから、
小体な店の造りとはいえ、一夜干しの魚の焼き物など、
その日のお薦めに目移りします。定番は豚のするめかな。

店主の気さくな人柄もあってか、集まる客層もフレンドリーで、後からやって来た
パン教師の講師を務めているという女性客からは、手作りの香ばしいパンを頂き、
その場で美味しく賞味させていただきました。最初に呑んだのは「キリンビール」。
「一番搾り」の岡山工場(岡山市東区)限定版「一番搾り 岡山づくり」でした。
“幻の酒米”と呼ばれる岡山県産の雄町米を敢えてビールに使用している、とか。
その後は、ふっくらと焼かれた鯖や、店主が最近凝っているという“りゅうきゅう
(この日は魚責めに遭ったような気がします……)を摘まみながら、倉敷の酒
萬年雪」を頂戴しました。「荒走り」と名付けられた本醸造の未搾り酒です。
喉に流し込んだ一瞬、清冽な光が差してくるようで、その後、日本酒らしい 馥郁たる
味わいに浸ることとなります。ポン太さん、美味しいお酒をありがとうございました!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

tag : 呑む

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示