メアリー・カサット展

京都国立近代美術館(2016_10_21) 10月21日(金)、「メアリー・カサット展」を
 観るために、京都まで足を延ばしました。
 会場は岡崎公園の「京都国立近代美術館」。
 平安神宮大鳥居を目の前に見上げつつ、
 琵琶湖疏水に架かる慶流橋を渡りますが、
 右手(=東)は「京都市立美術館」、
 左手(=西)が京都国立近代美術館です。
 京都市立美術館並みの混雑ぶりを警戒して
 いたのですが、落ち着いた客入りに一安心。
同館コレクション展と併せて、まったりと鑑賞。
       ☆
メアリー・カサット(1844~1926)は、メアリー・カサット展
印象派
の画家ですが、米国人女性という点で
目を引きます。自身が画家であっただけでなく、
当時はまだ新興勢力に過ぎなかった印象派を
いち早く米国に紹介し、もり立てた役割が
美術史的には特筆されるかと思われます、
エドガー・ドガと親交が深かったようですが、
都会人の孤独なダンディズムを漂わせる
ドガに比して、家庭や母子を描く温かなタッチに
彼女の真価が表れているように感じられました。
       ☆
国立近代美術館を出ますと、「京都市勧業館(=みやこめっせ)」の前を歩きました。
来年1月22日(日)は、みやこめっせにて「第1回 文学フリマ京都」開催の運び。
同人としては、「第4回 文学フリマ大阪」に続けての出店ですし、同人誌の編集に
本腰を入れないといけないなあ……などと考えつつ、琵琶湖疏水のほとりを巡った後、
Ochi-Kochi」で一休み。ポップ・オーバー(ベリー味)と珈琲に舌鼓を打ちました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 美術 小説 同人 おやつ

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示