ダリの夏

この夏は、ダリ展に明け暮れていた気がします。チュッパチャプス
「京都市美術館」で開催された「ダリ展」、
「京都文化博物館」での「ダリ版画展」の
いずれも濃い世界を堪能させていただきました。
立冬(11月7日)を前にして、夏を偲ぶといった
意味合いでもありませんが、11月の読書会の
課題テクストは有栖川有栖『ダリの繭』
サルバドール・ダリを直接的に扱っている訳では
なかったのですが、かの芸術家に心酔していた
宝石チェーン社長が、“繭”を髣髴とさせる
フロートカプセルの中で、変死体となって発見された謎を追う本格ミステリー。
いわゆる“作家アリス・シリーズ(火村英生シリーズ)”としては2作目に当たります。
       ☆
ちなみに、スペイン・バルセロナで誕生した棒付きキャンディ「チュッパチャプス」の
ロゴをデザインしたのも、サルバドール・ダリ。チュッパチャプスの考案者、
アンリック・バルナットが1969年、ダリにデザイン画を依頼したそうです。
日本では現在、「クラシエフーズ」が輸入・販売を手掛けていますね。
……チュッパチャプスで思い出すことといえば、1995年のアメリカ音楽賞(AMA)。
「We Are The World」発表10周年を記念し、授賞式に出席したアーティストらが
仲良く合唱を始めた際、殿下一人は参加拒否。皆と一緒に歌うどころか、ステージ上で
チュッパチャプスを舐める始末で、(クインシー・ジョーンズだったか?)お前も歌え!と
マイクを突き出してくる相手に対して、無言で、チュッパチャプスを差し出すのでした。
禅問答かよ!……そんなお茶目な殿下が愛おしく、大好きでした。I’m so into...

参考文献:有栖川有栖『ダリの繭』(角川文庫)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

tag : 小説 美術 おやつ 黒い音

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示