岡山の橋(2)

岡山_鶴見橋 岡山市の橋の話の続きです。岡山県を流れる
 一級河川、旭川岡山城の北面から東背後を
 堀代わりに蛇行しています。旭川の対岸には、
 「岡山後楽園」が設けられています。
 岡山市北区出石町から旭川の上に架かるのが
 「鶴見橋」。現在でも、丹頂鶴が鶴舎で飼育
 されるように、江戸時代から後楽園と切っても
 切り離せない鶴に因んだネーミングでしょう。
 後楽園側で目についたポストの上にも、
2匹の夫婦鶴のオブジェが飾られていました。
       ☆
後楽園から「夢二郷土美術館」に行こうとすれば、岡山_蓬莱橋
後楽園北口まで「蓬莱橋」を渡る必要があります。
鶴見橋の設計が田島治二、高欄・意匠が武田五一
であるのに対して、蓬莱橋自体は今ひとつ、
特徴のつかみづらい橋のような気がしましたが、
蓬莱橋周辺から眺める旭川の河川敷の様子は、
花見やBBQの場所としてはうってつけと思われました。
また蓬莱橋の袂、現在の夢二郷土美術館の駐車場の
辺りに、「西大寺鉄道」(軽便鉄道)の後楽園駅
存在した模様。“西鉄(さいてつ)”は、地方鉄道として
日本唯一の914mm 軌間を持つ鉄道だったとのこと。
昭和37年(1962)、JR赤穂線の開通を受け、
競合を避けるために廃線――と、Wikipedia などの記述。
       ☆
月見橋から岡山城 後楽園と岡山城の間に最短で架かるのが
 「月見橋」となります。鶴見橋同様に、
 お月見スポットとして最適といった理由から
 名付けられたのでしょうか? 旭川の水面に
 映る月、あるいは夜空に黒々とそびえる烏城
 (=岡山城)を照らす月……様々な絵になる
 情景が思い浮かぶのですが、この昭和29年
 (1954)に完成した全長115.2m、幅員3mの
 鉄筋トラス橋、デザインが不評といわれ続けて、
改修の声が根強いとか。機能美はありますし、
日本の城だから橋も“和”のデザインを、みたいな発想の方こそ、ステレオタイプで
やれんなあ、と。解剖台の上での、ミシンと雨傘との偶発的な出会いのように
美しいと現状肯定するつもりは何もなく、半世紀以上も責務を果たしてきた建築物を
この期に及んで、腐したり、貶したりするのが、ただ可哀想過ぎると思うのであります。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 建築

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示