ホッピーの呑み方

20年ほど前(?)は関東ローカルだった印象の強いホッピーですが、
大阪でも、置いてある居酒屋は徐々に増えてきているかと思います。
よく見かけるのは全国展開しているような居酒屋チェーン店のメニューとなるので、
まだまだ、関西圏に根付いているとは言えないかもしれませんけれども。
時々ぼくは、関東地方のリーマン気取りで、ホッピーを呑みたくなります。
最近では、十三で「大阪プロレス」観戦の帰りに「昭和大衆ホルモン」で、
あるいは同人の定例合評会後の二次会の席などで、ホッピーを注文しました。
       ☆
念のため、「ホッピー」とは何かと言えば、「コクカ飲料
……現「ホッピービバレッジ」から1948年に発売された
麦酒様清涼飲料水”のこと。ビール様の清涼飲料水
ですから、これだけでは酔えません。大抵は焼酎で割って
呑むので、ホッピー自体は割り材という位置付けですが、
焼酎で割った物も「ホッピー」と呼び習わされています。
(厳密に表現すれば、「焼酎のホッピー割り」でしょう)
お店ではホッピー自体を「ソト」、焼酎を「ナカ」と呼びます。
最初の注文時、栓を抜かれたホッピー、氷と焼酎の入った
ジョッキが運ばれてくるので、自分でホッピーを注ぎ入れます。
通常、どのくらいの比率で呑むのか、知りませんが、
呑んだくれのぼくは、ホッピー1本でナカ5~6杯ほどの比率。
2杯目以降のオーダーだと、ホッピーは手元に残っているので、
「ナカ、お代わり!」みたいな言い方をして注文します。
ホッピーを知らない関西人からは、「何、それ?」と現在でも
不思議がられることがよくあります。頑張れ、ホッピー! 
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

tag : 呑む

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示