上田酒店

2016_11_01 11月1日(火)の昼下がり、缶酎ハイ1本を空けて外出。
 大阪・天満から天五中崎通商店街を経て、梅田へ歩く。
 夜から九条の「シネ・ヌーヴォ」で映画を観る予定。
 日はまだ高く、時間潰しを兼ねて、ちょっと呑もうかと
 大阪駅前ビルへ向かいました……昔、D印刷のI 部長に
 連れて行ってもらったことなどを懐かしく思い起こして、
 駅前第1ビル1階の「上田酒店」へ飛び込んでみます。
 庶民派の典型的な“角打ち”で、小柄なお爺ちゃんが
 早くも出来上がっていました。瓶ビールの後は冷酒を。
 カウンターの前でぐつぐつ煮えているおでんを頂き、
 冷や奴も賞味しました。焼き鳥もメニューにありますが、
 注文した後で、缶詰を温めた物だったと思い出します。
目の前の冷蔵ケースの中の一品が、おからなのか? ポテト・サラダか? 
拘泥しているうちに、店内も混み出してきたようです。
……もう2時間ばかりが経過したかしら? 地下鉄の駅まで足を運んでいると、
淀屋橋の袂で、「夫の下に戻りたい」と女の人の泣き声が聞こえてきました。
突然の徒労感に打ちひしがれ、今夜、映画を観るのはよそうと自分自身に呟いて。
ヤン・シュヴァンクマイエルは観たかったにせよ、その夜ではありませんでした。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

tag : 呑む おでん 豆腐

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示