難波津の萬葉歌

今年も「公開講座フェスタ」に行ってきました。
阪神奈大学・研究機関生涯学習ネットHSNネット)が、
生涯学習の機会の継続的な提供のために、
平成10年度から毎年度開催しています。2016年で19回目。
HSNネットは、大阪府・兵庫県・和歌山県の24の大学・研究機関で構成。
ぼくは2014年から参加しており、平日日中にも開講されていること、
1コマの受講料が500円とリーズナブルなことを喜んでいます。
“生涯学習”という触れ込みのために、受講者の大半が高齢者ばかりで、
ちょっとばかり浮いて見えてしまうのが、難と言えば難ですが……。
       ☆
場所は、大阪府新別館南館の8階、大研修室となります。
11月4日(金)13時半から、鈴木利一氏(大阪大谷大学)の「難波津の萬葉歌」。
古代の摂津国は、「難波の御津」と呼ばれた港湾都市でした。
(当時の大坂は、河内湖などが大阪湾とつながり、上町台地が半島状になった地勢)
『万葉集』などに見られる古代難波の姿を探ってみよう――という内容です。
難波宮前期(645~686)と後期(726~793)とに分かれますが、
平城京を除けば、当時のどの奈良の首都よりも長く置かれていた訳で、
『万葉集』の中には、かつての奈良の都を偲ぶ歌がある一方、
新しく開発されゆく難波の都の姿を賛美する歌も見られますよ。

 昔こそ 難波ゐなかと 言はれけめ 今は都引き 都びにけり

また、単に都であっただけでなく、元々が難波津として港でもありますから、
防人や遣唐使の歌にも多々詠み込まれているのですねえ。

 難波津に 装ひ装ひて 今日の日や 出でて罷らむ 見る母なしに
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 文学・小説
ジャンル : 小説・文学

tag :

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示