近松門左衛門の仕事

この日は、業務を中抜けして「公開講座フェスタ2016」を聴講。
水田かや乃氏(園田学園女子大学)の講座を13時半から聴きました。
演題は「近松門左衛門の仕事―『曽根崎心中』を中心に―」。
『曽根崎心中』のクライマックスを迎える“天神の森”を敷地内に所有していた
露天神社」の境内は、ほぼ毎日のように足を踏み入れている場所ですし、
他人事とは思えない物語のような気もします……。
同大学の「近松研究所」は、近松を題材に取り上げたNHKのドラマ「ちかえもん
他に資料提供をしていることもあり、ドラマの演出と史実の違いなど、
非常にわかりやすい切り口から、考証を重ねていきます。
例えば、近松の時代の芝居小屋だと、まだは立っていないだろう、と。
また、座付作者も所詮裏方であり、近松の名が表立って出されることはない、と。
演題どおり、『曽根崎心中』という作品の在り方がメインに論じられてはいますが、
同時に、近松の生涯を通じての仕事ぶりが概観できて、非常に為になりました。
折を見て、近松もまた再読しなければいけないなあ、と痛感させられました。
ひとまず、目を通しておきたい基本文献として、下記3冊をメモ。
 ●松平進『近松に親しむ その時代と人・作品』(和泉書院)
 ●原道生、橋本治『近松門左衛門』(新潮社)
 ●松平進『新注絵入 曽根崎心中』(和泉書院)
       ☆
ところで、ぼく的にはシェークスピア(の祝祭性)が好きで、この頃も
読み返していたりする訳ですが、近松門左衛門=「日本のシェークスピア
といった物言いに、大層な違和感を覚える者でして、『曽根崎心中』に対して
よく『ロミオとジュリエット』が引き合いに出されていたりすると、違う、違う! 
全力で突っ込みを入れたくなってしまいます。決して優劣を競う訳ではなくて、
近松における“義理”と“人情”の義理が、シェークスピアでは全く別物だろう、と。
平野屋の手代・徳兵衛も、親方から渡された持参金の返済の件が無ければ、
自害することまでは考えなかっただろうに(逃げればいい)と愚考する者です。
確かに、井原西鶴のような経済合理性まで行かずとも、近松の心中物の
多くが、ひょっとして“”で解決できるのではないかしら?……と疑うのです。

参考文献:近松門左衛門『曽根崎心中・冥途の飛脚 他五篇』(岩波文庫)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 文学・小説
ジャンル : 小説・文学

tag : 演劇

コメントの投稿

Secret

闘争 or 逃走

嗚呼、金で解決できるものなら解決すればいい。
だが、そもそも、金でしか物事が動かない、
そんな資本主義的な世界の在り方そのものの否定としての
心中……といった思惑を、近松は秘めていそうでもあるなぁ。
カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示