「慈尊院」の秘仏

今年の「公開講座フェスタ」で受講した1コマ、
高野山町石道をめぐる歴史と文化」において、
高野山町石道が“両界曼荼羅”になぞらえられることはお話ししました。
その際、「慈尊院」から壇上伽藍までの胎蔵界、180尊(=180基)のうち、
大日如来と目されているのが慈尊院の秘仏、「木造弥勒仏坐像
であることにも触れましたが、どのくらいの秘仏かというと、
基本的には、21年に1度の開扉とされているのでした。
が、実は昨年(2015)が「高野山開創1200年」であったことから、
4月2日~5月21日の50日間、特別開扉が実施されていたのですよ。
ぼくは昨年5月20日(水)、朝から単身、拝観に訪れています!
そんな訳で、高野山町石道の中でも重要な位置を占める秘仏を
ちゃんと自分の目で見たことを想起し、講義中、内心の喜びに浸っていたものです。
大河ドラマ「真田丸」の影響で、近頃の和歌山県・九度山町真田幸村ブームに
沸き立っているようですが、2015年は地味なものでした。慈尊院が無ければ、
柿の郷”であることくらいしか、アピールする要素は見当たらなかったような気が……。

参考記事:慈尊院弥勒仏ご開帳によせて「秘仏発見物語を振り返る」 【2015.3.14】
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 仏像 史跡

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示