知恩院の紅葉

京都市美術館で伊藤若冲を愉しんだ後、神宮通を南下。
青蓮院門跡」の前で夕飯を頂くと、「知恩院」へ足を向けます。
昨年は諸般の事情で流れてしまった夜の紅葉見物のリベンジ。
秋の紅葉ライトアップ2016」と謳い、LEDライトを積極使用し、
拝観料800円ですか。“三門”(≠山門)の横手から入り、女坂を上ります。
宝佛殿に入ると、皆が「南無阿弥陀佛」を唱えながら、木魚叩き。
念仏の終わった後、阿弥陀如来立像四天王立像を拝みました。
宝佛殿前の池に架かる橋を渡って、納骨堂にも上がってみます。
再び女坂を下り、日本最大級の木造二重門にして国宝の三門へ。
三門とは、「空門」「無相門」「無願門」を表す「三解脱門」の謂い。
高さ24m、横幅50mで、元和7年(1621)、徳川秀忠の建立です。
綱を伝って急な階段を昇り、回廊を歩くことが出来ました。
仏堂となっている楼上内部は透かし見ることしか許されませんでしたが、
三門上層部から眺める京都市や、知恩院境内の眺めは素敵でした。
山門を出ると、女坂の上り口の右手から「友禅苑」へ入ります。
友禅染の始祖、宮崎友禅斎を記念した池泉式庭園ですが、
ライトアップされた紅葉を愛でるという意味では、最もわかりやすいか、と。
茶室「華麓庵」や「白寿庵」も設けられていますが、
東山の湧き水を引き入れた補陀落池に、すっくと立つ
聖観音菩薩立像高村光雲・作であるとは、後に知りました。

知恩院_三門(2016_11_18)知恩院_三門より(2016_11_18)友禅苑(2016_11_18)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 神社仏閣
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 仏像

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示