泥酔街道

阪神・芦屋駅_2016_11_25 芦屋市立美術博物館を出ると、阪神・芦屋駅へ。
 夕映えがぎらぎらと西の空を染め、命短し、今宵ばかりは
 今宵の酒を呑まねばならぬ、と梅田へ戻るや否や、
 JR大阪環状線に乗り換えて、地元・天満を闊歩しました。
 数日前に、おでんプログラムの再開を企むと同時に、
 鍋プログラムの再開も企図しない訳はなく、
 今回、「鍋プログラム(8)」を実施する店として、
 白羽の矢を立てたのが、数年ぶりの入店となる
 丹波 鍋ホルモンかわむら」です。昔は頻繁に
 利用していたなあ……と懐かしくなったのが、
 「トーヨー新報」食客日記過去ログを見て。
 同行していた相方が、過日、TVで紹介されていた
「かわむら」に行きたいと言うもので、案内したのですが。

丹波で特注したホルモン鍋(中心が丸く窪んだ鉄板)は「かわむら」_2016_11_25
昔と変わらず。若くて綺麗な女子店員を揃えている点も、
変わりません。ただ、店主が4年前から代わった模様。
丹波のオーナー(姉)の弟に当たるとか、聞いたような。
一方、オープン当初の店主はどこやらに移ったらしく、
現・店主がその以前の若い男性店主に対して、かなりの
こき下ろしよう。「マスター」でも「大将」でも何でもない!
と、客であるぼくにまで突っかかってくる感じで、どうにも
弱らされました。前・店主の言うこと、為すこと、何もかも
全否定する有り様に、ホルモン鍋はあの頃と変わらず
美味しいのだけどなあ……国産白ワインを空けながら、
サービス・マインドって何だっけ? 店の内情を客に
押し付けられても、困るんだよなあ、などと物思い。
予約無しで席に座れたのが奇跡のような繁盛具合でしたが、頑固親爺は苦手です。
その場は大人しく引き揚げたのですけれど、抑えた分だけ、内に籠もった酔いは……。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

tag : 呑む

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示