そして、函館

……泥酔街道は続きます。大阪・天満は「天五横丁」でHamed_2016_11_25
かわむら」の隣のバー「サンセット」へ入りました。
(おそらく)1970年代のロック好きなマスターとは、
全く音楽の趣味が合わず、いつ入っても酔っ払いの
ぼくは、温厚で善良なマスターに執念く絡んでしまう
どうしようもない悪党に成り下がってしまうのです。
マスター、いつも申し訳ございません。3軒目には、しばらく
ご無沙汰していたラーメン屋「もりいち」も訪問。
女将と久闊を叙し、ミニ・ラーメンを摘まみ、さらに
ちびちびと呑み続けます。「もりいち」はラーメン屋の
皮を被った小料理屋でもあり、韓国料理系のアテも
用意できたりするので、何かと便利なのですね。
ふと周りを見回せば、呑んだくれのぼくが独り。

真夜中を過ぎる頃、どういった訳だか、ぼくが「店長」と呼ばれる店が
JR天満駅前に在りました。過去形です。酔っ払った時にしか訪れないため、
正式な店名も、大将の名前もきちんと記憶できていなかった訳ですが、
その宵は酔いの勢いを借りて、心覚えのあった雑居ビルに向かって行くと、
元世界チャンピオンが現れました……えっ?! ぼくにもよくわかりませんでした。
が、本能に任せて、ドアを開けると、そのまま階段を昇りました。
知らぬ間に新しく出来ていた、その「元世界チャンピオンが営むBAR」は
ふっくらと肉付きの良い体形のマスターと、その妻らしき女性の2人で切り盛り。
この「函館バー ハメド」のバーテンダーが、函館市出身の山口圭司さんです。

プロレス好きだったぼくも、ボクシングについてはあまり詳しくございません。
頂いた名刺から、山口圭司さんのプロフィルを転記させてもらうと――。
 1974年2月17日生まれ 北海道函館市出身
 デビュー/1992年
 生涯戦績/38戦29勝(11KO)8敗1分
 タイトル防衛回数/日本ライトフライ級3回、WBAライトフライ級1回

函館から来た男が、わざわざ、天満でバーを? 怪訝に思われるかもしれません
(実は、ぼく自身もそうでした)が、実は、ほとんど“大阪人”と呼べなくもないようでして、
この夜は、(また別の)“プリンス”と呼ばれる伝説の元チャンプとお近付きとなり、
皮切りにニッカI・W・ハーパー、最後はグランダッドを酌み交わしていましたよ。

店名の「Hamed」は、山口圭司さんをインスパイアした英国のプロ・ボクサー、
ナジーム・ハメドNaseem Hamed)から採った模様。その愛称が「Prince
(=悪魔王子)」、「Nas」で、型破りでトリッキーなファイト・スタイルが特徴。
また、山口さんは「井岡ボクシングジム」(大阪市浪速区)のチーフ・トレーナーを
務めていましたから、大阪には十年以上、慣れ親しんできたことになりますね
……いや、もっと遡り、高校卒業後(1992)、「グリーンツダボクシングクラブ
(大阪市西成区~東成区)に入門した時から、大阪の水に馴染んできたとすれば、
二十年超です。函館よりも大阪で暮らした年月の方が上回る勘定になるのでした。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

tag : 呑む ウイスキー

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示