カルトの烙印

12月4日(日)だったか、第24回「秘密のビデオ会」を開催。
超私的な会合と化していて、告知も無ければ、ごく数名で細々と。
演目も、これまで取り上げた作品と重複しまくっているのですが、
カルト映画作品(邦画)の基本中の基本ではないかと思われるので、
何度鑑賞したところで、観飽きることがありません。今回はテーマ無し。
最初に、寺山修司・監督『草迷宮』(1979年)。
泉鏡花の原作の換骨奪胎ぶりが凄まじいです。少年時代の三上博史もキュート。
石井輝男・監督『江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間』(1969年)も物凄いなあ。
“全集”を謳うだけあって、『パノラマ島奇談』をベースにしただけでなく、
「屋根裏の散歩者」やら「人間椅子」やら、ごった煮状態です。
その濃ゆい空間に一歩も退かぬ土方巽先生の存在感よ!
あと原作に負けず劣らず、取って付けた明智小五郎の登場シーンに微苦笑。
園子温・監督『奇妙なサーカス』(2005年)も面白いのですが、
同監督は、他にも『愛のむきだし』(2009年)や『冷たい熱帯魚』(2010年)など、
傑作が目白押しだからなあ……過去のビデオ会でも、
『エクステ』(2007年)、『自殺サークル』(2002年)を取り上げています。
最後に、鈴木清順・監督『殺しの烙印』(1967年)。
大和屋竺の脚本が大好きなぼくとしては、彼の詞が歌われる冒頭から
胸を鷲づかみにされた状態で、映像にのめり込んでいくこととなります。
清順と大和屋は「ルパンⅢ世」つながりでもあるなあ(共に脚本を手掛けたこと有り)。
また、何度眺めても、真理アンヌの美神ぶりに惚れ惚れ。
「ウルトラセブン」第34話(⇒ユタ花村)をまた観たくなってしまいましたよ。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

tag : 映画 小説 特撮

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示