若冲補遺

以前の記事で、西陣織友禅染は別な概念であることを強調しました。
しかし、伊藤若冲の用いた技法の一つ、“枡目描き”にかこつけて、
若冲=枡目描き=西陣織であれば、友禅染と無関係という意味にもなりません。
一筋縄でいかない若冲には、枡目描きだけでなく、“裏彩色(うらざいしき)”であったり、
プルシアンブルーのいち早い使用であったり、様々な技法が窺えるのですが、
日本の版画芸術においても、先導的な役割を果たしたといわれているのです。
そのうちの6枚の多色摺り木版画作品「花鳥版画」では、木版をベースに
型紙による合羽摺り霧吹きの併用などが施されており、
それらの技法には友禅染の伝統が活かされていると指摘れています。
やはり、若冲という道は、西陣織、友禅染の双方に通じていたことになりますか。

参考文献:監修/狩野博幸『若冲の世界』(宝島社)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 絵画・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 美術

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示