アムリタ

吉本ばなな『アムリタ』を読んでいました。
典型的なメンヘラ系女子の本だなあ、と随所で、頭を抱えました。
しかし、作者の文庫版あとがきで、この小説の連載時期、
もしも人生で自殺というものに同意することがあったとしたら、
多分それはこの時期だろうと思う
」と吐露されているのを見て、
なるほどなあ、と納得したりもしました。作品は嫌いでないです。
でも、同意はしません。絶対に出来ません。
勝手に生きろ。ただ、こっちのやり方に触れるな、邪魔するな。そう思います。
“私”が幸せならば、それでいいのか? ぼくは幸せでなくてもいいです。
場合によっては、無理して、強がってでも、そう言い張るでしょう。
探偵小説好きとしては、主人公が昔、笠井潔を読み耽っていたという下りに
快哉を上げました。ぼくも、笠井潔が好きです(小説同等に、評論も)。
その他にも、割とカルト系の(でも、ポップな)小説やら映画やら出てきて、
くすくす笑えたりもします。一か所、ガンダム合体ロボの例として挙げていた
文章に対して、ガンダムは合体なんかしないよ。そもそも、合体ロボなんて
発想が“昭和”で、主人公の年齢設定にそぐわないよ、と突っ込みましたが。

参考文献:吉本ばなな『アムリタ(上)』(新潮文庫)
       吉本ばなな『アムリタ(下)』(新潮文庫)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

tag : 小説

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示