棟方ノオト

棟方志功(1903~1975)には、独特の語法がある。
彼独自の思い入れを込め、棟方語のようなものが造られている。
例えば、「版画」ではなく、「板画」――。
板画というものは板が生まれた性質を大事にあつかわなければならない、
木の魂というものをじかに生み出さなければダメだと思いましてね

(『花深処無行跡』)
       ☆
また、「大世界の柵」や「恐山の柵」など、作品名に多々見受けられる“”――。
わたくしの『柵』はそういう意味(垣根の柵、区切る柵)ではありません。
字は同じですが、四国の巡礼の方々が寺々を廻られるとき、首に下げる、
寺々へ納める廻札、あの意味なのです。この札は一ツ一ツ、自分の願いと、
信念をその寺に納めていくという意味で下げるものですが、わたくしの願所に
一ツ一ツ願かけの印札を納めていくということ、それがこの柵の本心なのです。
ですから納札、柵を打つ、そういう意味にしたいのです
」(『板極道』)
       ☆
ちょっと、待て。「柵」以前に、霊場巡りに関心が無い人々には「廻札」って何?と。
お遍路さんらが「廻(まわ)り札(ふだ)」、「印札(しるしふだ)」、「納め札」と呼ぶようですが、
昔は札所で木柱を立てたり、木製や銅製の納め札を打ち付けたりしていたため、
札を打つ」という表現が定着した模様。いや、納め札と同じ意味にしたいという
棟方の気持ちは受け止めたにしても、「版画」でなく「板画」の字面を採ったような
明快さに欠ける説明に思えてなりません。ならば、「」の字を題に使えば?と
考えてしまう訳で、札の連なった大部の物が柵というイメージだったのでしょうか? 
棟方の板画は薄っぺらな木っ端でなく、木の魂から成る大いなる願だという気宇か。

参考文献:棟方志功『板極道』(中公文庫)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 美術

コメントの投稿

Secret

「柵」の字をボールドにすると、潰れて読めない……。
カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示