ルバイヤート

太宰治『人間失格』の「第三の手記」において、
漫画家になった大庭葉蔵が、上司幾太(=情死、生きた)名義で描く
漫画に ルバイヤットの詩句を挿入する というくだりが出てきます。
懐かしいなあ、などと感じ入ること しきり。呑んだくれですから、
(いえ、酒呑みになる前の学生時代から) ルバイヤートは大好きでしたもの。
さらにこの年末年始、読み耽っていた有栖川有栖『孤島パズル』でも、
酔った医師、園部祐作がオマル・ハイヤーム『ルバイヤート』を高吟します。
ちなみに、ルバイヤット(=ルバイヤート)は本来、「四行詩」という意味。
11世紀のペルシャ詩人、ウマル・ハイアーム(=オマル・ハイヤーム)の
四行詩集が英国詩人、エドワード・フィッツジェラルド(1809~1883)の名訳で
世界的に流布したもの。最初の日本語訳は蒲原有明の手になる重訳です。
太宰のルバイヤットは、堀井梁歩・訳とされており、東北地方(秋田県)出身の
訳者の詩を使いたかったのでしょうか? 気に懸かるところではあります。
有栖川では、ぼくも愛唱した岩波文庫版『ルバイヤート』から引用されており、
その小川亮作・訳は、ペルシア語の原典初訳でもあるのでした。
(詩人として知名度は低かったらしい)生前のウマル・ハイアームに対し、学術に長けた
万能人と見立てた小川は、“ペルシアのレオナルド・ダ・ヴィンチ”と評言しています。

参考文献:太宰治『人間失格』(集英社文庫)
       有栖川有栖『孤島パズル』(創元推理文庫)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

tag : 小説 呑む

コメントの投稿

Secret

マイ・クラシック

また、読み返さないといけないなぁ、岩波文庫版。
カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示