初詣でる

2016年は1月5日(火)に訪ねています。2017_01_10_五重塔
今年は1月10日(火)、大阪・四天王寺を訪れました。
三が日に初詣でを行えていないので、その代わり。
地下鉄・谷町線の四天王寺夕陽ヶ丘で下車。
南へ歩を進め、西側の石の鳥居、極楽門を潜ります。
乳布袋尊を右手に過ぎて、西重門から中心伽藍へ。
昨年は五重塔が改修工事中でしたが、
今回は講堂の壁面が工事中のようです。
講堂に入れない訳ではなく、足場を組んで、
壁画の修復を行っている模様。五重塔には登らず。
金堂の救世観音菩薩半跏像四天王像
講堂の十一面観音菩薩像阿弥陀如来像
ブロマイド(=ポストカード)が発売されていましたよ。
早速、買い求めましたが、今年の(生の)救世観音は少し怒っているように見えました。

2017_01_10_転宝輪 西重門を出て、北鐘堂を過ぎると、石舞台
 周りの池で日向ぼっこをしている亀を眺めます。
 宝物館で催されている新春名宝展のテーマは
 「四天王寺絵堂の聖徳太子絵伝―
 その伝統と革新―
」でしたが、杉本健吉
 ユーモラスな画稿に興趣をそそられた以外は、
 常設の鄙びた仏像に心を惹かれるのでした。
 明王院(和歌山県有田郡広川町)旧蔵の
 木造薬師如来坐像木造阿弥陀如来坐像
 さらに村上炳人・作の救世観音菩薩半跏像
(石膏彩色)は良い意味での脱力感。いつもながら、気安い親戚に会ったような感懐。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 仏像 年中行事

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示