ホイス

2017_02_03_「ミルクホール」 今回は、懐かしのグレイシー柔術の話ではありません。
 平日の昼下がり、大阪駅前第1ビル地下2階を徘徊中。
 当初はランチ・タイムの「丸喜酒店」を急襲したくなるも、
 13時半を回っていますと、既に終了していたのです。
 と、隣の大衆酒場「スタンド ミルクホール」の前には
 “昼酒アワー”とチョーク書きされた立て看板が見えて、
 それだけならば、昭和レトロを衒った普通の立ち呑み屋
 なのですが、大阪には珍しく、ホイスが呑めるのです。
 関西人などからすると、「ホイスとは何ぞや?」と
 なってしまう訳ですが、酎ハイの割り材です。
 製造者は飲料メーカーの「後藤商店」。
 「薬草のような風味が特徴で、ポーランド産の蒸留酒
ズブロッカ
のような飲み心地」とされ、「ウイスキー」の転訛「ホイスキー」の省略形。
まあ、ちょっと、遠い目をしてみたくなる酎ハイの一つですね。熱燗を呑みながら、
チェイサー代わりに飲りました。カウンターの向こうでぐつぐつ煮える牛すじ豆腐
美味でして、こちらも東京の下町の煮込みや肉豆腐を狙っているのだろうなあ。
着眼点は悪くないのですが、店主~店員の生硬な客あしらいを受け、上手く酔えず。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

tag : 呑む 豆腐 ウイスキー

コメントの投稿

Secret

願わくば

酒場のスタッフは、素面でもほろ酔い加減な人柄が良いです。
カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示