ウイスキー海底

シュルレアリスムの代表的画家、マックス・エルンストはコラージュ小説を
複数、ものにしていますが、コラージュとは単なる芸術上の一技法でなく、
ヒップホップにおけるサンプリング同様、創作行為における立場の表明、
“創造”という物語に対する批評意識に当たるのだろうなあ、と思うのです。
(「小説」というジャンル自体が、旧来の言説のコラージュとも言えますが)
コラージュにおけるシュルレアリスト(by アンドレ・ブルトン)、エルンスト本人が
コラージュについて定義したテクストの表題は「ウイスキー海底への潜行
La mise sous whisky marin)」とされていて、
訳者の巖谷國士が註を付したところが、以下のとおり。
       ☆
「ウイスキー海底への潜行 La mise sous whisky marin」はわかりにくい言葉だが、La mise(=ある状態に置くこと、賭、投資、服装など)に「進水」「通電」の意もあり、エルンストの思考にはもともと「潜水」のイメージがそなわっていることから、あえてこのように意訳しておいた。
       ☆
whisky」の綴りに「e」は含まないのか、アイリッシュではないのかなあ?
などと見当違いの突っ込みはさて措いて、パーラメントのファンク名盤
『MOTOR BOOTY AFFAIR』(1978)の終盤曲「Deep」への流れではないか?
といったよくわからない比喩も避け、「潜行」という動きに力点を置くのでなく、
海溝の奥底に浸り切り、沈潜する状態で、「耽溺」のような訳語を思い浮かべた
ぼくは生来の酔っ払いなのだろうなあ。身の周りにはいつだって“単純な幻覚”。

参考文献:マックス・エルンスト『カルメル修道会に入ろうとしたある少女の夢』(河出文庫)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

tag : 小説 美術 ウイスキー

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示