ストロング三島

宝島社のプロレス・ムック本のシリーズのタイトルが、
文学作品のパロディーになっていまして、最近、読んだものが
『プロレス 仮面の告白でした……三島由紀夫ですねえ。
ただの表題だけかよ! まともな編集者なら、こじつけにしろ、
何にしろ、本文中でも、編集後記でも、三島由紀夫の
テクストを引っ張ってくるだろう、と睨んでいたのですが、
国際、新日本、そして芸能界――猫たちに囲まれた
『ストロング小林』の日常
」という記事中、まさかの
三島由紀夫本人が飛び出してきたので、ちょっとびっくり。
(このコンテンツ、ストロング小林さんから話を聴くのが、
ミスター高橋氏というのが、意味深でもあるのですけれども)
       ☆
その頃(ストロング小林が高校卒業後、国鉄・南武線の稲城長沼駅の駅員をしていた時代)は仕事をしながら後楽園ジムに通っていて、作家の三島由紀夫さんはしょっちゅう見かけましたね。
       ☆
ストロング小林が「国際プロレス」に勧誘されたのは1966年、日比谷公会堂にて。
同会場でボディビル・コンテストが開催されており、「日本ボディビル・フィットネス協会」
会長の玉利齊と、国際プロレス社長の吉原功が早稲田大学の同窓だった関係で、
来場していた吉原社長が小林をスカウト。国際プロレスの旗揚げは1967年1月。
ちなみに玉利齊(ひとし)は、三島由紀夫のトレーニング・コーチでもありました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : プロレス 小説

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示