昴と参

「おお、小十郎、おまえを殺すつもりはなかった。」
 もうおれは死んだ、と小十郎は思った。そして、ちらちらちらちら、青い星のような光が、そこらいちめんに見えた。
「これが死んだしるしだ。死ぬとき見る火だ。熊ども、ゆるせよ」と小十郎は思った。それからあとの小十郎のこころもちは、もうわたしにはわからない。
 とにかく、それから三日目の晩だった。まるで氷の玉のような月が、空にかかっていた。雪は青白く明るく、水は燐光をあげた。すばる
(しん)の星が、緑やだいだいにちらちらして、呼吸をするように見えた。
(宮沢賢治「なめとこ山の熊」)
       ☆
「すばる(=)」は、おうし座の散開星団「プレアデス星団」。
「参の星」は中国の星座名“二十八宿”の一つで、オリオン座三つ星に該当。
すばる自体も二十八宿の一つ、「昴宿(ぼうしゅく)」に当たります。
文字面だけを追っていると、位置関係がよくわからないかもしれませんが、
頭に冬の夜空を思い描き、オリオン座の三つ星の並びをそのまま西へ延ばしていくと、
おうし座の一等星、アルデバランAldebaran)が目に入ってくるはずですし、
さらに、その延長線辺りにすばるが位置している訳ですね。
星の運行上は、すばるの後にアルデバランが上ってくるので、
アルデバランは「後に続くもの」という意味から名付けられたようです。
ともあれ、オリオン座とおうし座の星をさりげなく並置することで、
天上に描かれるオリオンと牡牛が永遠に闘う絵姿を指し示し、
小十郎と熊(たち)……この地上で生きとし生ける物たちが、
営まざるを得なかった争闘(=宿命)の写し絵としているのでしょう。

参考文献:宮沢賢治『銀河鉄道の夜』(偕成社)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 星・宇宙
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 小説

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示