折々の豆腐(1)

良くも悪くも、短歌の時代なのかなと思います。
時代が“抒情”に流されてしまうのではないかという予兆に
アンビヴァレントな感情、忸怩たる思いを抱き、
詩において「歌と逆に」ではもはや間に合わず、
歌の渦中で「歌と逆に」が試みられるべきではないか?
と、同人小説家の歪んだ夢想が繰り広げられてしまう今日この頃。
――『角川 短歌 1月号 2017』(角川文化振興財団)を読んでいて、
目についた豆腐を詠ったものを拾い上げてみます(敬称略)。
※第477回「角川歌壇」の特選作にもあったのですが、そちらは今回見送り。
       ☆
高野公彦(コスモス)
湯どうふに刻みショウガをのせて食めば冬の寒さを越えむ力湧く
       ☆
東直子(かばん)
崩れつつつぶやいていたお豆腐が星のかけらのようにまだいる
       ☆
高野は俳句ならば季重なりでしょうが、何であろうが、闇雲に明快な歌。
“わかりやすさ”に傾きたい気持ちは、よくわかります(生姜は旨いもの)。
東もまた鍋の描写でしょうか? 「つ」の連なりが文字面と相まって、
豆腐の肩を揺らしながらの朴訥な語りが目に浮かんでくるような気がしました。
それ以上、「つ」が続くようだと、“す”が入ってしまうので、早く引き上げなくては
……欠けてしまった豆腐の破片が、鍋宇宙のあちらこちらに白く瞬いています。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

tag : 豆腐

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示