安吾と仏像(1)

それまで気にも留めていなかったのに、恣意的にキー・ワードを定めて、
その上で見直してみると、全く違った様相をもって浮かび上がってくる
……この世の中の事象すべてがそうであるように、小説もまた同じ。
例えば、仏像を基点にした場合、真っ先に思い浮かべてしまう
夏目漱石『夢十夜』の第六夜、運慶の仁王像であるとか
(何故、護国寺だったのかは、現在不問にしますが)、稲垣足穂『弥勒』
李王家博物館三国時代の弥勒菩薩半跏思惟像であるとか、まだ簡明で、
坂口安吾の諸作品中にも、仏像が登場してくるとなると、そうだったのか?
と混迷の淵に沈み込んでしまいなそうな気を覚えてしまいます。
かつて、読んでいたはずなのに、その仏像の記憶が無いのは何故か? 
       ☆
安吾の「南風譜」は、1938年3月、「若草」に発表。牧野信一への献辞があり、
文庫本にして10ページにも満たない掌編です。紀伊を旅する“私”が、
寄せてもらった友達の家の物置で、木彫りの地蔵菩薩像と出会います。
最初、“私”は魔物の眼、ジャングルの虎を思わせる女の鋭い視線を
その仏像に感じていたのですが、物置に放り込まれたといいながら、
埃も付いておらず、友達に問い質すと、先頃まで書斎に置いていたと言う。
よく見ると、木像の脾腹の辺りには、刃物で抉ったような傷跡も認められます。
翌日、“私”が散歩に出た海辺で、猟師に仏像のことを訊くと、
猟師は、仏像のことでなく、友達の妻のことを語り始めます。
彼女=「混血(あいのこ)の父なし娘は白痴で啞でつんぼだよ」と教え、
なるほど、あれは仏像だ」と笑うのです。“私”は白痴が仏像に嫉妬して、
刃物を振るった様を想像すると苦しくなり、友達らの静かな生活を乱さぬよう、
その翌日、とにかく、出発してしまうのでした。友達は「俺のうちには婆やと
子供の女中のほかに女はいないよ
」と明言していたのに対して、
“私”は友達の妻と思しき女性と出会った記述の無いのが、謎として残ります。
       ☆
 仏像は物置の奥手に、埃のいっぱい積った長持に、凭(もた)れるようにして立っていました。木彫の地蔵でした。
 私はかつてこのような地蔵を、鎌倉の国宝館と京都の博物館でのみ見た覚えがあります。これも恐らく鎌倉時代の作でしょう。なんとまた女性的な、むしろ現実の女体には恐らく決して有りうべくもない情感と秘密に富んだ肢体でしょうか。現実の快楽
(けらく)を禁じられた人々の脳裡には、妄想の翼によって、妄想のみが達しうる特殊な現実が宿ります。その現実を夢と呼ぶ人もあるのでした。そしてそれらの人々の脳裡に宿った現実に比べたなら、地上の快楽はなんとまた貧しく、秘密なく、あまつさえ幻滅に富むものでありましょうか。ひたすら妄想に身を焼きこがした人々が、やがてこれらの仏像のように、汲(く)めども尽きぬ快楽と秘密をたきこめた微妙な肉体を創(つく)りだすこともできるのでした。老齢なお妄念の衰えを知らず、殺気をこめて鑿(のみ)を揮う老僧を思い泛(うか)べずにいられません。
 私は、薄暗い手燭の燈に照しだされた木像の胸や腰や腕や頸
(くび)のあまりにも生々しいみずみずしさに幾分不気味な重苦しさを覚えていました。

参考文献:坂口安吾『桜の森の満開の下・白痴 他十二篇』(岩波文庫)

妖しげな古仏像の蠱惑を伝える良い文章です。
ただし、「鎌倉の国宝館」に引かれたためか、鎌倉時代作と推定し、
しかも地蔵菩薩像と比定してしまったのが、短兵急だったように感じます。
さすがに、白鳳期の密教仏などを民家の物置に放置してしまっては
やり過ぎでしょうが、地蔵じゃないだろう、と。選択ミスの観が強いです。
雰囲気的には、可能であれば如意輪観音、せめて十一面観音像で
よかったのではないかと思うのですけれども……。
(如意輪観音は坐像がメインになるので、脾腹の傷から十一面観音立像が妥当か)
       ☆
あと、友達の妻の行方は、友達は「子供の女中」として言い表しており、
“私”の目に触れない所へ隠しているか、あるいは「女中」とは別な存在で、
既に家から遠ざけているか、というのがリアルな読解になるでしょうか。
幻想小説として、より“強い”読みを試みるならば、仏像=妻の線もありますが、
白痴の妻の仏像に対する憎しみ、という“私”の強い共感が一種の障害となります。
マテリアルな女体のみを偏愛する夫に対して、その対象となる身体(=木像)を
白痴の妻の精神が刃物で抉った、という展開を盛り込むには枚数不足ですし。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 仏像 小説

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示