戦中の全納協準備会

全国納豆協同組合連合会」――現在の略称は「納豆連」。
以前は「全納連」でしたが、例えば「JA全農」と混同されてしまうなど、
紛らわしかったですね。その納豆連(~全納連)の前身として、
全国納豆工業組合協会」(=全納協)が位置付けられています。
当ブログの以前の記事でも、その辺りのことに触れていたのですが、
先月、「全国納豆工業組合聯合会」に関する質問が寄せられていたので、
折を見計らい、調べさせていただきました(もり ふみお様、遅くなって、申し訳ございません)
“聯”は“連”の旧字ですから、思わず取り違えてしまいそうになるのですけれど、
現在の「全国納豆協同組合連合会」でなく、戦中の「全国納豆工業組合聯合会」。
       ☆
ぼくの手元にある町田忍『納豆大全』にも、シンプルな経緯は記されていますが、
ソースを手繰り寄せれば、別な文献に行き当たります。納豆連が複数回にわたって
発行している『納豆沿革史』……在りし日の如く、事務所の蔵書から引っ張り出して、
ささっと調べ上げることも現在は叶わないものですから、「大阪府立中之島図書館」で
資料を取り寄せる形を取ります。昭和50年(1975)版の必要ページを複写しました。
戦中の組合史年表などから、全国納豆工業組合聯合会に関する事項を以下に抽出。
       ☆
昭和14年 ○原料大豆統制の動きで各県ごとに「納豆組合」が発足する
昭和15年 ○全国納豆工業組合聯合会(全納協設立までの準備会的存在)を設立、参加17組合、633組合員で構成、会長に三浦二郎氏が就任した=10月10日、深川倉庫
       ○「大豆及び大豆油等配給統制規則」の制定により原料大豆が統制になる(10月)
昭和16年 ○臨時総会を東京上野駅前錦泉旅館で開き、「国策に順応し、ヤミ取引防止のため原料大豆の県外移出を禁止する」組合自主規制を決定、違反者は配給停止の処分とした
       ○原料大豆配給のため納豆製造工場の一斉調査実施(3~5月)
       ○「内地産大豆集荷配給統制」を実施(10月10日)
       ○全国納豆工業組合協会(全納協)の創立総会を11月5日・仙台商工会議所で開く

       ☆
第二次世界大戦が始まり、納豆の原料大豆の統制の動きに合わせて、
納豆業者にも全国的な組織(=全国納豆工業組合聯合会)が必須となります。
その全納協を設立するに当たっての準備組織が「全国納豆工業組合聯合会」。
1940年10月10日から1916年11月5日まで、満州大豆と北海道産大豆の配給と
生産量認定のための“納豆製造工場の設備実績調査”などを行ったそうです。

参考文献:『納豆沿革史』(全国納豆協同組合連合会)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : トーヨー新報
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 納豆

コメントの投稿

Secret

No title

ぽか様


情報をいただきありがとうございました。
お手数おかけしました。

『納豆沿革史』は隣町の図書館にあるようですので自分でも調べてみたいと思います。

私の祖父は森滋といいます。
昭和17年から21年の激動の時に全国納豆工業組合聯合会の書記長をしていたようです。

ありがとうございます。

コメント、ありがとうございます。

元文献としては、『納豆沿革史』に目を通しただけなのですが、
“準備会的存在”としての全国納豆工業組合聯合会は
全国納豆工業組合協会(全納協)が昭和16年11月5日に創立
された後も、存続していたということになるのでしょうか。
全国納豆工業組合聯合会が発展的解消をすることなく、そのまま、
全納協として機能していたのか(単なる名称上の問題なのか)、
気になるところではあります。

貴重な情報、ありがとうございました。
また、何かしら、関連する文献がございましたら、
ご報告させていただきます。

あと、個人情報の問題等も絡んでくるかと思われるのですが、
全国納豆工業組合聯合会の前に発足している
御祖父の所属していた単協(=都道府県単位の納豆組合)で
古い資料が保存されていれば、名簿等も残っているかもしれませんね。

No title

すみません訂正します。
全国納豆工業組合聯合会ではなかったです。


宮城県納豆組合と全国納豆工業組合協会の書記長だったようです。
若い頃に茨城新聞社で働いていたそうで、そのときの人脈で、後に納豆に関わったのだろうと想像します。
会長の三浦二郎氏とかなり近いところで仕事をしていたそうです。

昭和19年 統制組合に改組移行と、祖父の履歴書にあります。
昭和21年辞任。当時52才。その年齢で履歴書を書き、何をしようとしていたかはわかりません。
その6年後にヘビースモーカーということも影響してか、喘息の悪化で死去しました。

近代納豆黎明期

宮城県納豆事業協同組合などに、過去の資料がどれだけ保存されているか?
ということになりそうです。従来、専務理事を務められてきた会員企業に
資料の引き継ぎ等がどのように行われてきたか?などを想像してみても、
その線から辿られる情報があったにせよ、かなり限定されそうですが。

三浦二郎氏は、“近代納豆の父”とも呼ばれ、
宮城野納豆製造の創立者でもありましたねえ。
https://www.miyagino-nattou.com/
カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示