可視化する心たち

大阪アジアン映画祭」のインディ・フォーラム部門、2017_03_10_『可視化する心たち』
3作品目を鑑賞しました。いずれも、「第13回シネアスト
・オーガニゼーション
(=CO2)」の助成作品です。
『おっさんのケーフェイ』『蹄』は一般公募枠、
五十嵐皓子・監督『可視化する心たち』(2017)は
俳優特待生起用枠に当たります。全て76分の上映時間
とはいえ、3本連続で観続けると、さすがに疲れます。
そのせいか、編集はもう少し、ならなかったか?とも。
まず、“心”を可視化する機械というSFチックな設定に、
興趣をそそられたのですが、“心”もまた役者の身体
~演技に準拠するため、展開が今ひとつ納得できず。
「可視化された」と提供されるものが、役者のまた別の
身体表現でしかないため、“心”を可視化するどころか、
“心”からより一層遠ざかっていくように、当初は思われたのでした。
映画が主に視覚芸術であるため、“心”もまた視覚化せざるを得ず、
さらに製作費や技術的な問題点などから、“心”を役者に演じさせる
というのが、現実的な最適解であることは理解できるのですけれども。
俳優特待生だけあって、個々の役者の演技には力が籠もっていました。
対して全体に、心というものに対する掘り下げ方が決定的に不足しているようで、
結局は色恋沙汰、ぐだぐだの三角関係に収斂していく流れが残念過ぎるという。
現象学的に、身体感覚を離れた“心”そのものなんぞ、存在しないという卓見も
一つのエクスキューズでしょうが、ならば、誰の身体感覚に基づく“心”なのか? 
その辺りの突っ込み不足が、誰かの作り出した幻影が、誰か特定の一個人として
成立するのは何故か?というナイーヴな問いを有耶無耶にしているようで、もやもや
させられました。そこから、作品の根幹に在るのは、“心”を可視化する機械でなく、
ドッペルゲンガー製造機と考えれば、首肯せざるを得ないのではないでしょうか? 
特定の個人像、あくまで視覚的なイメージを増幅させるだけの仕掛けであって、
ひとまず、“心”とは無縁と考えれば? “心”を可視化するのでなく、心の容器
(正確には、機能の現実態)である身体の数が増えて見えるだけでしょ。
そう考えれば、問題は氷解しますが、人間の“心”という興味深い問題設定自体、
雲散霧消してしまい、物語を衝き動かしていた動機までも成立しなくなるのですねえ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

tag : 映画

コメントの投稿

Secret

心はどこにあるの

“心”を可視化する機械って、映画の中では、どんな装置?
だったのでしょうか。以前、「心はどこにあるのか」が、
“心”に引っかかり、様々に考えたり、それに関する文章を
読んだりしたことを思い出しました。

あくまでイメージ

配線がいっぱい延びていて、中心部分で、
液体の詰まった縦長の管が立っている感じ。
超音波で、被験者の“心”を云々という設定。

http://www.oaff.jp/2017/ja/program/if03.html

合成映像で、その人の“心”がその機械周辺に
立ち現れるという映像による説明を行っていました。

どこまでも不思議

私には、クローンかなにかを作り出すような装置のイメージ
と重なります(笑)
“心”は、脳が作り出す?もの、みたいに書いている文章が
ありました。
自分の脳なのに、自分でコントロールできない。切ないとか
淋しいとか、自分にとってマイナスなことを感じる“心”も
作り出してくれちゃうのは、なんでだろう。辛いのに…

脳の機能

「切ない」も「淋しい」も、唯の言葉です。
“心”というものを仮定した上で、表現したものですから、
逆に、言葉が無ければどうなのだろう?
……とも疑えないではありません。

ぼく自身の定義によれば、
“心”は、(広い意味での)脳の機能のひとつです。
脳は神経の中枢ですから、
神経の末端まで辿れば、皮膚に至るまで
“心”は見つかるかもしれません。
ただし、実体ではなく。

う〜ん…

>「切ない」も「淋しい」も、唯の言葉です。

でも、言葉がないと、胸が締め付けられるような感じや、
ドキドキや、胃が痛むような感覚を表せない。

あ、“心”がもたらしたもの?であって、“心”そのもの?
では、ないってことでしょうか。

> 脳の機能のひとつです。

実体がないから不思議です。
宇宙級に(笑)不思議です。

宇宙=space=空間
……
“心”は空っぽなのでしょう。

(ー人ー)

……合掌
カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示