わすれな草

おそらく、カレーに相見(まみ)えることが可能だった状況で、
カレーを食せなかったことが心残りだったのかもしれません。
大阪・中之島の「国立国際美術館」に「クラーナハ展」を観に出掛けた
3月21日(火)、肥後橋まで来ていたぼくは、ランチはカレーという腹積もり。
ところが、所期の「肥後橋南蛮亭」は、本降りになった雨を見て
ランチ・タイムを早めに切り上げた模様。ならば、と久しぶりに
わすれな草」に入店。夜は立ち呑みですが、昼は立ち食いカレー
チキン・カレーのみ提供という潔さで、トマト・ベースのさらさらソースが絶妙。
大盛り630円と、コスト・パフォーマンスも抜群。夜に備えて仕込みを始めている
大将の手際を眺めながら、「わすれな草」のカレーを堪能させていただきました。
食べ終わる頃には雨も上がり。しかし、この日は、春分の日(3月20日)の翌日。
多くの美術館・博物館は月曜日を休館日としているので、月曜日が祝日の場合、
翌火曜日を休館日に充てるのですね。何と、国立国際美術館も閉まっていました。
クラーナハとの再会は阻まれましたが、あの味を思い出せたので、無問題。

(さらにはこの日の雨によって、また別の予定が変更。結果、全て良しとなるのです)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

tag : カレー

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示