THE NPG

3月29日(水)、「ビルボードライブ大阪」へお出掛けしました。
THE NEW POWER GENERATIONの「tribute to PRINCE」公演、
18時半スタートの 1st ステージです。“ザ・ニュー・パワー・ジェネレーション”は
殿下のバンド名。当初は『Graffiti Bridge』(1990)の収録曲名。
同アルバムからの 2nd シングルでもありましたが、翌1991年にリリースされた
『DIAMONDS AND PEARLS』(1991)ではバンド名に昇格(?)していました。
かつての Prince And The Revolution よろしく、アーティスト名として
Prince And The New Power Generation と明記された格好です。
そうして、生前最後に発表された『HITNRUN phase two』(2016)では、
プロデュースや演奏等のクレジットに、ザ・ニュー・パワー・ジェネレーションの文字。
当然、1990年代のNPGと異なり、メンバーも代替わりしているのですが、
晩年の殿下と行動を共にしていたバンドによる 殿下追悼ライヴですから、
行かない訳にはまいりません。唯一、残念だったのは1990年代NPGの残党
とも言うべき カーク・ジョンソンの来日がキャンセルとなったことかな。
しかし、ミュージカル・ディレクターを務めるアンドリュー・ゴーチの見事な采配で、
劈頭の「Let's Go Crazy」からラストの「1999」まで、息をつかせぬメドレー。
歓喜に咽び泣く一時でした。近年からの楽曲はカットして、往年のヒット曲群に
重きを置いたのも、潔いです。「Take Me With U」「When Doves Cry」
「Kiss」「If I Was Your Girlfriend」など、どれも歌詞を記憶しているので、
ファルセットで合唱。気分が上がります。ビルボードライブという会場にしては珍しく、
カジュアル席まで総立ちとなり、歌い、踊って、最高のトリビュート公演となりました。
明らかに小柄な身長で抜擢されたと思しきギタリストのソロ・プレイ(オマージュ)や、
見てくれは全然異なりながらも、巧妙な殿下唱法の男性ボーカルなどに悶絶。
お客様の求めるものをよくわかっているなあ、と感心もさせられましたよぉ。
(来日メンバーは以下のとおり)
       ☆
 Andrew Gouche - Bass, Vocals, MD
 Marva King - Vocals
 T.J. Wilkins - Vocals
 Gorden Campbell - Drums
 Cassandra O'Neal - Keyboards, Vocals
 Rick Marcel - Guitar, Vocals
 Marcus Anderson - Saxophone, Vocals
 Lynn Grissett - Trumpet
 Adrian Crutchfield - Saxophone, Vocals
 Joey Rayfield - Trombone
 Bernard "BK" Jackson - Baritone Saxophone, Vocals
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : Soul, R&B, Funk
ジャンル : 音楽

tag : 黒い音 呑む

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示