観心寺の秘仏

2017_04_18_観心寺・山門 4月18日(火)、大阪・河内長野市へ向かい、
 「観心寺」を訪ねました。難波から南海電車
 (高野線)に乗り、小吹台行きの南海バスを
 利用します。南海高野線は、高野山へ詣でる
 際によく利用するのですが、観心寺自体が、
 弘法大師が高野山開山のための拠点と
 されていたと知れば、そのアクセス方法も
 理に適ったもののように思われてくる不思議。
 今回の拝観は、国宝第5号となる本尊、
 如意輪観音菩薩に逢うことが目的です。
秘仏ですから年に1回、4月17、18日の両日しか、お会いすることは出来ません。

ぼくは2009年来、2回目の拝観となります。2017_04_18_観心寺・金堂
それでも、戦前までは33年に1度の開帳だった
といいますから、毎年、お会いできる機会が
与えられていることだけでも、非常に有り難い
ことかと存じます。五色幕の翻る金堂に鎮座
する六臂貞観仏は、彩色の保存状態も良く、
その肢体から何から、性別を超え、艶かしくて、
リアルとファンタジーの境界線を軽々と突破する
在り方に唸らされ、だらだらと汗をかかされて
しまいそうな、何とも堪らないブツなのでした。

日本三大如意輪”でも断トツだろうなあ、と思いつつ、前月、「室生寺」では
逢えなかった如意輪観音のことなども思い出し、仏像が煩悩を掻き立ててしまう
構図を独りで面白がります。なお、観心寺は如意輪観音だけの寺という訳でなく、
山門近くに建つ「大楠公」像で知られるように、楠木正成首塚などが在ったり、
開祖には役小角の名が見えたり、一筋縄では行かない懐の深さを持っている模様。
しかし、室生寺でも同様でしたが、山在る所には、必ずと言ってよいほど、役行者
(=役小角)の名が出てきますねえ。さすがに、修験道の開祖だけのことはあります。

参考文献:『魅惑の仏像 如意輪観音―大阪・観心寺』(毎日新聞社)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 仏像

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示