初文楽

年頭、子供向けとも言える「文楽の入門教室」に2017_ 04_19 _大楠公
足を運んだ時から、今年こそは文楽の本公演を
聴きに行こう!と企んでいたのでした。そうして
ようやく、4月21日(金)、大阪・日本橋の「国立
文楽劇場
」にて開催中の「4月文楽公演」を
楽しみに行ってきました。しかも、第1部公演と
第2部公演を連続で。第1部は午前11時開演、
第2部は20時20分終演予定と、ほぼ全日を
文楽浸りに充てるという ビギナーとは思えぬ
所業。メジャーな演目が多いので、大丈夫かと。
       ☆
第1部
寿柱立万歳
菅原伝授手習鑑
 茶筅酒の段/喧嘩の段/訴訟の段/桜丸切腹の段
豊竹英太夫改め 六代豊竹呂太夫襲名披露口上
 寺入りの段/寺子屋の段
第2部
楠昔噺
 碪(きぬた)拍子の段/徳太夫住家の段
曾根崎心中
 生玉社前の段/天満屋の段/天神森の段
       ☆
「寿柱立万歳」後に10分、六代豊竹呂太夫の襲名披露口上後に20分間の休憩。
第1部と2部の間が30分弱、「楠昔噺」の後にも長めの休憩が入り、それぞれ、
好き勝手に飲んだり、食べたりする感覚です。非常にまったりとした進行。
お年を召された観光客や外人客の方々で、爆睡されている方もいましたが、
特にお咎め無し。客層が練れているのか、劇場の運営が優秀なのか、
初めての文楽鑑賞なのに、気張らず、リラックスした気分で愉しめましたよ。
画像は4月18日、「観心寺」で撮影した銅像……「楠昔噺」で大活躍の大楠公です。
「菅原伝授手習鑑」は、親子の別れより何よりも、松王丸の汚れ役っぷりに感嘆し、
「曾根崎心中」は、近松門左衛門の名文と、現在地で慣れ親しんだ露天神社とが
交錯する様に、頭がくらくらしてくる快楽。実に濃密な一日を過ごすことが出来ました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝統芸能
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 文楽

コメントの投稿

Secret

大阪飯?

第1部と2部の間は「えびす亭」のカルビ丼。
第2部の休憩時は、2Fの売店でサンドイッチ。
終演後は千日前の「やすだや」の餃子を頂きました。
カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示