四月の大雪

宗教的な問題はさて置き、文楽の本公演を初めて鑑賞した
前日(4月21日)は、殿下の一周忌、1年目の祥月命日となりました。
忘れるはずもありません。それにしても、没後初めてのベスト盤
『4EVER』に収録されていた未発表曲「Moonbeam Levels」は
今ひとつだったなあ……「1000 X's & O's」や「Xtraloveable
レベルを期待していて、さみしい肩透かしを喰らいましたよ。
ところで、4月の「二人の読書会」のテーマ作家、宮本輝
『蛍川』を読み返していて、表題となる“蛍川”にまつわる会話部分で
いきなり、あの殿下の歌を想起する不思議さ、切なさ、シンクロニシティ。
       ☆
「見た見た、見たぞお。一度だけなァ。おっとろしいぞ、あれはもうお化けとおんなじよォ。酔いも何も醒めてしもうたがや」
「連れて行けえ。竜夫を連れて行ってくれえ」
「なん、駄目じゃ駄目じゃ。滅多なことじゃあ見られんがや。四月に大雪が降るほど、冬の長い年でないと、蛍の奴は狂い咲いてくれんちゃ」
「四月に降ったらええがけ」
「なァん、ただの雪じゃないがやぞ。大雪よォ、目ェむくほどの大雪よォ」
 竜夫が銀蔵から蛍の話を聞いてすでに五年がたっていたが、四月の大雪に出逢うことはなかった。


参考文献:宮本輝『川三部作 泥の河・螢川・道頓堀川』(ちくま文庫)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : Soul, R&B, Funk
ジャンル : 音楽

tag : 黒い音 小説

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示