結縁の五色線

2017_04_28_御本尊大観音特別拝観 4月28日(金)、奈良県の総本山「長谷寺」を訪問。
 近鉄・長谷寺駅から約1.5km、徒歩で約20分程度。
 ちょうど「ぼたんまつり」のシーズンにも入っており、
 参道の途中でも鉢植えの牡丹が艶やかな花を
 開かせていました。途中、西国三十三所観音霊場
 番外札所に当たる「法起院」にも、立ち寄っています。
        ☆
 ぼくが最初の「長谷寺」参拝は、2008年1月3日で、
 「修正会」の執り行われている時分でした。
 昨年2月には「あべのハルカス美術館」で開催の
 「長谷寺の名宝と十一面観音の信仰」展を鑑賞し、
 再び訪れなければ……と思いつつ、延び延びになり、
 今年の桜も散り、牡丹が咲き初める季節を迎えました。
       ☆
「清浄院」跡地に建つ「宗宝蔵」では、天王寺で2017_04_28_本殿
見た「銅板法華説相図千仏多宝仏塔)」を
見出し、登廊を上がった先の本堂では、例の
裏観音”や、「難陀龍王立像」と「雨宝童子
立像
」の両脇侍とも再会を果たしましたよ。
そうして、忘れてはならない本尊の「十一面
観世音菩薩
」(光背を含めれば12m13cm
とも対面。特別拝観となりまして、五色線
手首につけると、本堂内陣に入り込んで、
十一面観音のおみ足に直接、すりすりと
触れることが出来、その周囲をぐるりと仰ぎながら、観て回りました。
全国に多々散らばった“長谷観音”の根本像、プロトタイプですもの。
さぞかし、大勢の人々に素晴らしい縁を結んでくれることでしょう。
ぼく自身は、優美なブツに直に触れられるだけで、望外の悦びですけれども。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 仏像

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示