深里橋

2016_03_29_深里橋 何を思っていたのやら、堂島川、土佐堀川に
 とどまらず、東横堀川に架かっているまで
 撮影しつつ、歩き倒していた時代がありました。
 まあ、現在でも、似たようなことを続けて
 行ってはいますが、道頓堀の橋もほぼ大体
 押さえているつもりです。さて、宮本輝
 『道頓堀川』を読み返していると、幸橋
 非常に良い感じで使用されていました。
        ☆
 口の中のものを珈琲で流し込むと、武内は煙草をくわえながら川の方を指差した。
「ここからもうちょっと西へ下るとなァ、御堂筋を渡ってそのまま真っ直に歩いて行くんやけど、幸橋
(さいわいばし)いうのがあるんや。知ってるか?」
 聞いたことはあるような気がしたが、邦彦は黙ってかぶりを振った。武内の吐き出す煙が、いやに目に沁みて、邦彦はそれから逃げるようにして川ぞいのガラス窓の所に移った。道頓堀川が小さく波立っていた。晴れてはいたが、風が強いようであった。
戎橋の次が道頓堀橋、その次が新戎橋、それから大黒橋深里橋や。ほんでから住吉橋西道頓堀橋、幸橋となるんやけど、その辺の橋に立って道頓堀をながめてると、人間にとっていったい何が大望で、何が小望かが判ってくるなァ」
 邦彦は真鍮製のロックを外してガラス窓をあけ、顔を突き出して川下を見つめた。そこからはせいぜい道頓堀橋の欄干ぐらいしか見えないのである。

       ☆
現代の道頓堀風景と最も異なる点を挙げれば、平成14年(2002)に開業した
多目的複合イベント・スペース「湊町リバープレイス」等の位置する南岸と
北岸の間に、浮庭橋が架かっていることでしょう。完成は平成20年(2008)。
作中で言及されていた深里橋と住吉橋の間に架かる吊り橋形式の人道橋です。
湊町リバープレイス近くには、「OCAT(大阪シティエアターミナル)」等も建ち、
仕事上がりの相方を迎えに行ったこともありました。ぼくのPCの画像フォルダに、
深里橋と浮庭橋までは保存されていましたが、幸橋は見つからなかったです。
なお、「深里橋」は「ふかりばし」と読むのが正解。ルビが必要かと思われます。

参考文献:宮本輝『川三部作 泥の河・螢川・道頓堀川』(ちくま文庫)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 小説

コメントの投稿

Secret

撮影日

画像自体の撮影は、2016年3月29日。
カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示